ルネサスの耐放射線特性ソース・ドライバにより、コマンドおよびテレメトリ管理や通信衛星ペイロードなどの衛星サブシステムのサイズ、重量、消費電力を低減します。これにより、多様なミッション・プロファイルをターゲットにする衛星製造業者が、システム能力を大幅に向上させたり、基板上の面積を50%削減させたりできるようになります。

設計リソース

ISL72814SEH White Paper

人工衛星における通信システムを小型軽量・低消費電力化するために

耐放射線特性を有する16チャネルドライバIC(ISL72814SEH)とマルチプレクサ(ISL71841SEH)を使って、次世代衛星通信システムにおけるペイロード、コマンドおよびテレメトリサブシステムの設計を簡素化するヒントを紹介いたします。

ナレッジ・ベース

耐放射線特性電源のFAQ

よくある質問への回答、サポート記事、開発に役立つヒントなどがあります。


FAQ


評価ボード

評価キット

ISL72814SEHEV1Z

ISL72814SEHEV1Z評価ボードは、ISL72814SEH耐放射線特性16チャネル・ドライバ回路ICを素早く簡単に評価することができます。

評価キット

ISL72813SEHEV1Z

ISL72813SEHEV1Z評価ボードは、ISL72813SEH耐放射線特性32チャネル・ドライバ回路ICを素早く簡単に評価することができます。

Related Videos

3:40
Rad-hard ICは、Orionのクルーモジュールに配置され、ミッションクリティカルなアプリケーション用のサブシステムをサポートするために使用されます。
5:50
半導体の低線量率イオン化線量反応は、宇宙用途における重要な問題となっています。
1:59
Nick van Vonnoが、ルネサスのウェハレベルの放射線許容試験に対する取り組みについて説明します。
3:40
Rad-hard ICは、Orionのクルーモジュールに配置され、ミッションクリティカルなアプリケーション用のサブシステムをサポートするために使用されます。
5:50
半導体の低線量率イオン化線量反応は、宇宙用途における重要な問題となっています。
1:59
Nick van Vonnoが、ルネサスのウェハレベルの放射線許容試験に対する取り組みについて説明します。
3:40
Rad-hard ICは、Orionのクルーモジュールに配置され、ミッションクリティカルなアプリケーション用のサブシステムをサポートするために使用されます。
5:50
半導体の低線量率イオン化線量反応は、宇宙用途における重要な問題となっています。
1:59
Nick van Vonnoが、ルネサスのウェハレベルの放射線許容試験に対する取り組みについて説明します。

受賞歴

インターシルは2017年のElectrons d'Orを受賞しました。

2017年度のElectrons d'Orを受賞

ISL72813SEH耐放射線特性32チャネル・ドライバは、航空宇宙/防衛製品イノベーション分野で最優秀賞を獲得しました。Electrons d’Orの受賞は、前年に最も影響を与えた製品であることが認められたものであり、インターシルはこの非常に名よな業界賞を受けた、わずか13社の1社です。
詳しくは、以下をご覧ください。

2017 Military & Aerospace Electronics Gold Winner

2017 Technology Innovation Awards: Gold Winner ISL72813SEH

「Military & Aerospace Electronics Magazine」という雑誌で、デコータ内蔵のISL72813SEH耐放射線特性32チャネル・ドライバが、2017年の技術イノベーション賞の受賞製品として取り上げられています。この雑誌によると、航空宇宙分野に向けた製品ISL78213SEHは、2017年のかなりの軍備、航空宇宙、および航空電子工学設計ソリューションに採用された製品である、と評価されています。
詳しくは、以下をご覧ください。