現在ご採用中のお客様限定でユーザサポートのみを提供しています。新規ご採用につきましては後継品をご検討ください。

 

概要

PG-FP5は、ルネサス製フラッシュメモリ内蔵マイコンに対し、ユーザシステム上で、プログラムの消去、書き込み、ベリファイを行うためのツールです。

トピックス

PG-FP5は、2018年5月の最終オーダ受付をもって生産を終了しました。また、サポートMCUの追加も、2018年7月20日付けをもって終了しました。詳細はこちら(ツールニュース)>>

新規ご採用につきましては、後継品PG-FP6の導入をご検討ください。
PG-FP5よりワンランク上の生産性と安心を提供する「PG-FP6」 >> 

 

後継品

PG-FP6

 

注:PG-FP6では、V850および78KファミリにおけるマスクROM品による量産が前提の2電源フラッシュマイコンに対応していません。V850および78Kファミリの2電源フラッシュマイコンでの書き込みは、パートナー製フラッシュプログラマをご使用ください。PG-FP6とPG-FP5機能/性能比較(詳細はこちら) >>

リリース情報

プログラミングGUI

ファームウェア

FPGA

パラメータファイル

 

バージョンアップ内容(ツールニュース参照)

動作環境

バージョン確認方法

特長

  • スタンドアロン書き込み
  • 専用GUIによるPC制御書き込み
  • 最大8種類の書き込み環境を保存可能
  • 生産ラインに特化(コマンド制御、リモート制御)
  • 指定したフラッシュメモリ領域へのユニークコードの書き込み設定が可能
  • 管理設定機能により,カスタマイズやセキュリティ設定が可能
  • 自己診断機能に対応

スタンドアロン操作に適したコントロールパネル

使い勝手の良いGUI

主な機能

  • プログラムファイルとパラメータファイルのダウンロードおよびアップロード
  • プログラムファイルの編集 (HEXエディタ)
  • チェックサムの計算
  • アクションログの保存
  • PG-FP5本体を管理する機能(アップロード禁止、パスワード、設定変更禁止など)に対応
  • ブランクチェック、消去、書き込み、ベリファイ、読み出し、フラッシュオプション設定と取得、チェックサム、消去後書き込みを実行可能
  • 自己診断機能の実行
  • 以下のデバイスでデータフラッシュの最小単位書き込みが可能
    • RXファミリ
    • RH850ファミリ(RH850/P1x-Cグループ除く)
    • V850ファミリ(V850E2/Fx4-L、V850/FF4-G、V850E2/FG4-G、V850E2/Px4-L、V850PG4-Sのみ)

製品パッケージ内容

  • PG-FP5
  • USBケーブル
  • シリアルケーブル
  • ターゲットケーブル (14ピンタイプと16ピンタイプの2種類)
  • GNDケーブル
  • セットアップマニュアル

ご注意: ヨーロッパ以外の地域では、電源アダプタQB-COMMON-PW-xxはPG-FP5の製品パッケージには含まれません。別途ご購入ください。

システム構成

開発ツール サポート情報

タイトル 概要
My Renesas MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー マイコン学習のための情報が掲載されています。
FAQ よくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
ツールニュース ツールのリリース情報、注意事項などが掲載されています。
動作環境 ツール製品の最新バージョンの動作環境をご案内しています。
ツール製品RoHS指令対応 ツール製品のRoHS指令対応の情報をご紹介しています。
ツール製品の修理 ツール製品の修理対象製品、修理依頼方法をご紹介しています。
旧製品/保守製品 すでに新規供給を終了しているルネサス開発環境製品の一覧が掲載されています。

PG-FP5 [バージョン確認方法]

PG-FP5用 プログラミングGUI、ファームウェア、FPGA

以下の手順でバージョンを調べることができます。

手順1. PG-FP5を起動する。

接続が完了したら、PG-FP5の「POWER」ボタンを押して電源をONにしてください。

手順2. プログラミングGUIのメインウィンドウを開く。

スタートメニュー「すべてのプログラム」→「Renesas Electronics Utilities」→「書き込みツール」→「PG-FP5 Vx.xx」の中の「PG-FP5 Vx.xx」を選択し、プログラミングGUIを起動します。通信が確立し、プログラミングGUIが正しく起動した場合、メインウィンドウが開きます。

手順3. 以下の方法で、「リセットコマンド」または「メインウィンドウ」にてプログラミングGUI、ファームウェア、FPGAのバージョンを確認する。

  • プログラミングGUI
    • - ヘルプメニュー →「FP5について」をクリックして表示。
    • または
    • - メインウィンドウ右側の「プログラミングパラメータウィンドウ」を参照する。
      一番上のボックス「プログラマ」内の「FP5_GUI」行に、プログラミングGUIのバージョンが表示されています。
  • ファームウェア
    • - プログラマメニュー → リセットコマンドをクリックして表示。
    • または
    • - メインウィンドウ右側の「プログラミングパラメータウィンドウ」を参照する。
      一番上のボックス「プログラマ」内の「ファームウェア」行に、ファームウェアのバージョンが表示されています。
  • FPGA
    • - プログラマメニュー → リセットコマンドをクリックして表示。

Display example of Reset command

リセットコマンドの表示例

Display example of main window

メインウィンドウの表示例