RL78/G11マイコンを搭載したRPB(ルネサス・プロモーション・ボード)は、試作/評価に最適な小型ボードです。 E2エミュレータLiteデバッガ/プログラマの機能と、昇圧型DC/DCコンバータと、RL78/G11マイコン(25ピンLGAパッケージ)を、 57mm x 10mmサイズの小型ボードに詰め込みました。

さらに、RL78/G11マイコンボードがもう一枚付属(24ピンQFNパッケージ)。

  

RL78/G11 Promotion Boards

特長

オンボードのデバッガ
オンボードのデバッガ/プログラマ(E2エミュレータLite)で、すぐに試作/開発をはじめられます。
電池1つで動作
電源ボード(入力電圧=0.7Vから3.3Vを生成)を使えば、単3電池1つでもマイコンボードを動かせます。
超小型で試作/開発に最適
RL78/G11を搭載したマイコンボードは15mm×10mmの超小型サイズで、試作品への組込みに最適。  ブレッドボードや導電性インクペンと一緒に使える工夫を詰め込みました。

はじめよう

  1. DIPスイッチが図のように設定されていることを確認します。
  2. デモコードはあらかじめボードにインストールされています。Micro USBケーブルをE2OBボード上のMicro USBソケットに、もう一方の端をPCのUSBソケットに差し込むと、ボードが起動します。
  3. 緑のユーザLEDが1秒間に約5回点滅します。ユーザスイッチを押すと、LEDは2倍の速度で点滅します。
  4. Windowsのデバイスマネージャーで、「ポート(COMとLPT)」を展開して、ボードに割り当てられたCOMポート番号を確認します。WindowsTM 7/8のユーザは、ここで仮想通信ポートデバイスドライバをインストールする必要があります。完全な手順については、アプリケーションノート(R01AN3918EG)の7章を参照してください。
  5. シリアルターミナルプログラムを開いて、ボードのコンソール出力に接続します。Windowsの最近のバージョンには、シリアルターミナルプログラムが含まれていません。ルネサスでは特定のプログラムを推奨していませんが、この製品ではPuTTYおよびTera Termをテスト済みです。その他のターミナルプログラムも利用可能です。
  6. 9600ボー、8データビット、1ストップビット、パリティなしに設定したシリアルコンソールを実行します。
  7. コマンド「LED x」を入力して、LED点滅速度を設定します。ここで「x」はLEDの状態変化間における50ms間隔の数を表す1~200の整数です(例:「LED 10」と入力すると、LEDは1Hzで点滅)。コンソールに「OK」と表示され、LED点滅速度が変更されます。任意の速度において、スイッチを押すごとに、LED点滅速度が2倍になります。

追加関連情報

注文情報

Part number: YRPBRL78G11

ご購入

コード生成支援ツール(Applilet EZ PL for RL78)

“Applilet EZ PL for RL78”は、プログラミング言語を用いずにパズル感覚でマイコン応用プログラムを簡単に作成できるソフトウェアです。ソフトウェア開発経験が無いユーザーでも、PC上でのGUI操作でマイコン応用プログラムを簡単に生成できます。また、統合開発環境のためのプロジェクトファイルも生成されます。

ターゲットデバイス

ファミリ グループ
RL78 ファミリ

開発ツール サポート情報

タイトル 概要
My Renesas My Renesasに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などの
ダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー マイコン学習のための情報が掲載されています。
FAQ よくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
ツールニュース ツールのリリース情報、注意事項などが掲載されています。
動作環境 ツール製品の最新バージョンの動作環境をご案内しています。
ツール製品RoHS指令対応 ツール製品のRoHS指令対応の情報をご紹介しています。
ツール製品の修理 ツール製品の修理対象製品、修理依頼方法をご紹介しています。
旧製品/保守製品 すでに新規供給を終了しているルネサス開発環境製品の一覧が掲載されています。

ツール情報

データがありません。

お手数ではございますが、ルネサスエレクトロニクス までお問い合わせ下さい。
ご購入については、最寄の特約店・取扱店 までお問い合わせ下さい。