ISL71001MEVAL1Z

6A Radiation Tolerant Synchronous Buck Regulator with Integrated MOSFETs Evaluation Board

概要

The ISL71001MEVAL1Z evaluation board is used to evaluate the ISL71001M, a plastic packaged, radiation tolerant, high efficiency, monolithic synchronous buck regulator with integrated MOSFETs. This single-chip power solution operates over an input voltage range of 3V to 5.5V and provides a tightly regulated output voltage that is externally adjustable from 0.8V to ~85% of the input voltage.

主な機能

  • Easy to use design
  • 95% efficiency for 5V VIN to 3.3V VOUT
  • Demonstrating lightweight plastic package POL
  • External frequency sync input
  • PGOOD indicator
  • OCP, OVP, UVP protection

アプリケーション

  • FPGA, CPLD, DSP, CPU Core, or I/O voltages
  • Low-voltage, high-density distributed power systems
  • Low Earth Orbit (LEO) applications
  • High altitude avionics
  • Launch vehicles

ISL71001MEVAL1Z Sync Buck Regulator Eval Board

ISL71001MEVAL1Z Sync Buck Regulator Evaluation Board

関連製品

ISL71001M

2:56
小型衛星の新たな分野をサポートするように設計された、耐放射線性プラスチックパッケージICについて説明しています。ご覧ください。
2:56
小型衛星の新たな分野をサポートするように設計された、耐放射線性プラスチックパッケージICについて説明しています。ご覧ください。
2:56
小型衛星の新たな分野をサポートするように設計された、耐放射線性プラスチックパッケージICについて説明しています。ご覧ください。

ツール情報

ツール発注型名 Production Status メーカー シングルツール推奨価格
SPQ
説明 ディストリビュータ在庫数 ディストリビュータ お問合せ/ご購入
ISL71001MEVAL1Z 量産中 Renesas call 1 0 Call

注釈:ディストリビュータ価格は標準価格と異なる場合があります。本サイト上の価格と入手性に関する情報はルネサスの認定ディストリビュータにより提供されており予告無く変更する場合があります。本サイトでディストリビュータを選ぶことによりルネサスのサイトからディストリビュータのサイトにリダイレクトされます。ディストリビュータはルネサスとは別に独立した企業活動を行っており、独自の販売条件によって運営しております。ルネサスでは、代理店とそのエンドユーザー間の取引に関して責任を負いません。

Disclaimer: THIS MATERIAL IS PROVIDED “AS-IS” FOR EVALUATION PURPOSES ONLY. RENESAS ELECTRONICS CORPORATION AND ITS SUBSIDIARIES (collectively, “Renesas”) DISCLAIM ALL WARRANTIES, INCLUDING WITHOUT LIMITATION, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND MERCHANTABILITY. Renesas provides evaluation platforms and design proposals to help our customers to develop products. However, factors beyond Renesas' control, including without limitation, component variations, temperature changes and PCB layout, could significantly affect the product performance. It is the user’s responsibility to verify the actual circuit performance.