組込みシステム開発でお困りではありませんか

  • 開発期間を短縮したい
  • 最新のアルゴリズムを他社に先駆けて搭載したい
  • 複雑なアルゴリズム・度重なる仕様変更に対応したい
  • 製品出荷後も機能追加したい

DRPが装置開発の課題を解決します。

DRPは開発期間を短縮します

DRP開発短縮イメージ

DRPは開発期間の短縮を実現します。 従来のシステムLSIでは、仕様が完全に決定するまでLSIの設計を開始できませんでした。DRPではハードウェアを直接設計します(DRPファームウェア設計)。 仕様が決定する前にLSIを製造できるため、期間を短縮できます。

フレキシブルなシステムを構築できます

DRPが提供するフリキシビリティイメージ

DRPが提供するフレキシビリティは、ソフトウェアアップデートによる付加価値の継続的な提供を実現します。 製品出荷の後でも、ソフトウェアで仕様変更や機能追加が可能です。また、開発済みDRPファームウェアのソフトウェア・ライブラリを活用し、同じLSIを使用した別製品・品種への展開も容易です。

複雑なアルゴリズムの実装、性能改善が容易です。

アルゴリズムをファームウェア化

C言語で記載したアルゴリズムを統合開発環境によりファームウェア化し、ファームウェアをDRPに搭載することでハードウェア化、実機で実行します。 このため、アルゴリズム設計者自らアルゴリズムの実装や、実機で評価してアルゴリズムを改善することにより、大幅な開発期間の短縮や性能向上が期待できます。詳しくはこちら