インタフェース&コネクティビティ

Renesasは、リニアでリミティングなオプティカル変調ドライバ、および100G、200G、400Gオプティカルネットワーク向けトランスインピーダンスアンプの包括的な製品群を提供しています。Renesasの高度なICは、独自の設計トポロジを使用しており、光通信システムに高精度のシグナルインテグリティ、低消費電力、スモールフォームファクタソリューションを提供します。Renesasのドライバソリューションは、最新のニオブ酸リチウムおよびリン化インジウムオプティカル変調器と連動するように最適化されており、GPPOモジュールと表面実装(SMT)の両方のパッケージで提供しています。

長距離およびメトロネットワーキング向けオプティカル変調ドライバ

回線側の光通信システムは、コヒーレント技術により、100 Gbps以上のデータレートへの主要な移行をサポートするように調整されてきました。Renesasはリン化インジウム、ガリウムヒ素、シリコンゲルマニウムの技術を組み合わせることで、出力と安定性に優れた変調ドライバを実現し、またCFPxスモールフォームファクタでの電力消費とソリューションサイズなど、極めて重要なパラメータを最小にすることで、コヒーレントシステムや高ボーレートの用途に対応しています。

ビデオ&トレーニング

GX76474 / GX36420 Driver and TIA for 400G Telecom Optical Networks

An overview of Renesas’ 64 Gbaud GX76474 driver family and GX36420 series Coherent TIAs that combine exceptional analog performance, low power, and high reliability with high bandwidth and configurability to support coherent optical communications, the telecom industry’s fastest growing segment. Both series also cover all the optical modulator technologies currently on the market, including Lithium Niobate, Indium Phosphide, and Silicon Photonics, as well as the industry-standard ICR and TROSA configurations.