R-IN32M4-CL3はCC-link IE TSNに対応可能で通信LSIです。R-INエンジンの技術に加えギガビット対応のイーサネットPHYを搭載する事でワンチップで最新のTSNの通信が実現できます。R-IN32M4-CL2はギガビット対応イーサネットPHYを搭載することでPHY周辺のハードウエア設計が可能となり設計期間の短縮や製品の基板実装面積の削減にも貢献します。

ニュース&各種リソース

分類 日付
R-INコンソーシアム 基本ページ 2020年8月20日