液晶表示(LiquidCrystalクラス)

標準的なキャラクタLCDを使用するためのライブラリです。

使用する場合は、#include <liquidcrystal.h>を記述して、LiquidCrystal lcd(12, 11, 10, 5, 4, 3, 2)のようにインスタンス生成してください。

LiquidCrystal用コンストラクタ

概要
LiquidCrystalのオブジェクト生成をします。
文法
LiquidCrystal(rs, enable, d4, d5, d6, d7)
LiquidCrystal(rs, rw, enable, d4, d5, d6, d7)
LiquidCrystal(rs, enable, d0, d1, d2, d3, d4, d5, d6, d7)
LiquidCrystal(rs, rw, enable, d0, d1, d2, d3, d4, d5, d6, d7)
パラメータ
rs: LCDのRSピンに接続するピン番号
rw: LCDのRWピンに接続するピン番号
enable: LCDのENABLEピンに接続するピン番号
d0~d7: データピンに接続するピン番号

begin

概要
LCDの列数と行数を指定する
文法
lcd.begin(int cols, int rows)
パラメータ
cols: 列数
rows: 行数
戻り値
なし

clear

概要
LCDの表示をクリアする
文法
lcd.clear
パラメータ
なし
戻り値
なし

home

概要
LCDのカーソルをホームポジションに戻す
文法
lcd.home
パラメータ
なし
戻り値
なし

setCursor

概要
LCDのカーソルを移動する
文法
lcd.setCursor(unsigned char col, unsigned char row)
パラメータ
col: 列(0なら左端)
row: 行(0なら1行目)
戻り値
なし

write

概要
LCDに1文字出力する
文法
lcd.write(unsigned char data)
パラメータ
data: 表示したい文字コード
戻り値
なし

print

概要
LCDに文字列や値を出力する
文法
lcd.print(val)
パラメータ
val: 文字列や値
戻り値
なし

cursor

概要
カーソルを表示します。
文法
lcd.cursor()
パラメータ
なし
戻り値
なし

noCursor

概要
カーソルを消します。
文法
lcd.noCursor()
パラメータ
なし
戻り値
なし

blink

概要
カーソルを点滅させます。
文法
lcd.blink()
パラメータ
なし
戻り値
なし

noBlink

概要
カーソルの点滅をやめます。
文法
lcd.noBlink()
パラメータ
なし
戻り値
なし

display

概要
画面を表示します
文法
lcd.display()
パラメータ
なし
戻り値
なし

noDisplay

概要
画面の表示を消します
文法
lcd.noDisplay()
パラメータ
なし
戻り値
なし

scrollDisplayLeft

概要
表示中の文字とカーソルを左に1個スクロールします。
文法
lcd.scrollDisplayLeft()
パラメータ
なし
戻り値
なし

scrollDisplayRight

概要
表示中の文字とカーソルを右に1個スクロールします。
文法
lcd.scrollDisplayRight()
パラメータ
なし
戻り値
なし

autoscroll

概要
自動スクロールを有効にします。
文法
lcd.autoscroll()
パラメータ
なし
戻り値
なし

noAutoscroll

概要
自動スクロールを無効にします。
文法
lcd.noAutoscroll()
パラメータ
なし
戻り値
なし

leftToRight

概要
左から右に文字を出力していきます。
文法
lcd.leftToRight()
パラメータ
なし
戻り値
なし

rightToLeft

概要
右から左に文字を出力していきます。
文法
lcd.rightToLeft()
パラメータ
なし
戻り値
なし

サンプルプログラム

3本の制御線と、4本のデータ線を使用した液晶にCOTTONと表示させるサンプルです。


#include <Arduino.h>
#include <liquidcrystal.h>
 
LiquidCrystal lcd(12, 11, 10, 5, 4, 3, 2);
 
void setup()
{
  lcd.print("COTTON");
}
 
void loop() {}