メモリカードファイル操作(Fileクラス)

メモリカードをファイルクラスで操作できるライブラリです。

使用する場合は、#include <SD.h>を記述して、File fileのようにインスタンス生成してください。

close

概要
ファイルを閉じる。ファイルオブジェクトを使い終わるときに、必ず呼び出してください。
文法
file.close
パラメータ
なし
戻り値
なし

available

概要
読み出せるデータがあるかどうか調べます。
文法
bool file.available()
パラメータ
なし
戻り値
データがあればtrue、なければfalseを返します。

read

概要
ファイルから1バイト読み込みます。
文法
int file.read()
パラメータ
なし
戻り値
データがあればデータを返します。ファイルの終わりに達していたら-1を返します。

write

概要
ファイルにデータや文字列を書き込みます。
文法
file.write(data)
file.write(*buf, len)
パラメータ
data: データや文字列(char*)
buf: 書き込みデータ(unsigned char*)が格納されたバッファ
len: 書き込みたい長さ
戻り値
なし

flush

概要
未書き込みのデータをファイルに書き込みます。
文法
file.flush()
パラメータ
なし
戻り値
なし

position

概要
ファイルからの読み出し位置を取得します。
文法
unsigned long file.position()
パラメータ
なし
戻り値
ファイルの先頭から数えた読み出し位置(バイト単位)。

seek

概要
ファイルからの読み出し位置を移動します。
文法
bool file.seek(unsigned long pos)
パラメータ
pos: ファイルの先頭から数えた読み出し位置(バイト単位)
戻り値
成功したらtrue、失敗したらfalseを返す。

print

概要
ファイルに数値や文字列を書き込みます。
文法
file.print(data)
file.print(data, BASE)
パラメータ
data: 文字列や数値
BASE: 基数(BYTE、BIN、DEC、HEX、OCT)
戻り値
なし

println

概要
ファイルに数値や文字列を改行付きで書き込みます。
文法
file.println(data)
file.println(data, BASE)
パラメータ
data: 文字列や数値
BASE: 基数(BYTE、BIN、DEC、HEX、OCT)
戻り値
なし

size

概要
ファイルのサイズを調べます。
文法
unsigned longfile.size()
パラメータ
なし
戻り値
ファイルのサイズ(バイト単位)

name

概要
開いているファイルの名前を調べます。
文法
char* file.name()
パラメータ
なし
戻り値
ファイル名を表す文字列

isDirectory

概要
開いているファイルオブジェクトが、ファイルかディレクトリか調べます。
文法
bool file.isDirectory()
パラメータ
なし
戻り値
ディレクトリならtrue、ファイルならfalseを返します。

openNextFile

概要
ディレクトリオブジェクトの場合、次のファイルオブジェクトを返します。
文法
File file.openNextFile()
パラメータ
なし
戻り値
次に該当するファイルオブジェクト。該当がなければfalseとして評価されるファイルオブジェクトを返します。

rewindDirectory

概要
ディレクトリの検索を最初に戻します。
文法
void file.rewindDirectory()
パラメータ
なし
戻り値
なし

サンプルプログラム

ファイルクラスを使用してメモリカードにアクセスするプログラムです。


#include <Arduino.h>
#include <SD.h>
 
File myFile;

void setup()
{
  Serial.begin(9600);
  while (!Serial) {
  }

  Serial.print("Initializing SD card...");
   
  if (!SD.begin(4)) {
    Serial.println("initialization failed!");
    return;
  }
  Serial.println("initialization done.");
  
  myFile = SD.open("test.txt", FILE_WRITE);
  
  if (myFile) {
    Serial.print("Writing to test.txt...");
    myFile.println("testing 1, 2, 3.");
	// close the file:
    myFile.close();
    Serial.println("done.");
  } else {
    // if the file didn't open, print an error:
    Serial.println("error opening test.txt");
  }
  
  // re-open the file for reading:
  myFile = SD.open("test.txt");
  if (myFile) {
    Serial.println("test.txt:");
    
    // read from the file until there's nothing else in it:
    while (myFile.available()) {
    	Serial.write(myFile.read());
    }
    // close the file:
    myFile.close();
  } else {
  	// if the file didn't open, print an error:
    Serial.println("error opening test.txt");
  }
}

void loop() {}