概要

GR-COTTONのスケッチ(プログラム)作成をIDE for GRで行う方法を紹介します。

IDE for GRをダウンロードしておけば、インターネットにつながなくてもスケッチ作成ができます。

Cotton IDE for GRコンパイル


準備

GR-COTTON、USBケーブル(マイクロBタイプ)の2つを準備します。

GR-COTTONの裏面にある白いジャンパーが3V3、USB側にします。BATT側にある場合は引き抜いて、USB側に差し込んでください。


手順

1. IDE for GRの起動

IDE for GRを起動してください。

IDE for GRをまだ入手していない場合は、IDE for GRのページから、圧縮ファイルをダウンロードして解凍してください。

2. USBケーブルでGR-COTTONとPCを接続

USBケーブルでGR-COTTONとPCを接続します。

PCからUSBドライバが見つからないと表示された場合、FTDI社のページよりUSBドライバーを取得して認識させてください。

3. マイコンボードの選択

メニュー[ツール]→[マイコンボード]→[GR-COTTON]を選択します。

Cotton IDE for GRマイコンボードの選択

4. シリアルポートの選択

メニュー[ツール]→[シリアルポート]→[COMxx]を選択します。xxは任意の数値です。

どのポート番号にGR-COTTONが接続されているかはWindowsのデバイスマネージャーから確認できますが、面倒な方はこのまま進み、スケッチ書き込みが失敗したらポートを変更してみるという方法でも大丈夫です。

Cotton IDE for GRシリアルポートの選択

5. サンプルプログラムの読み込み

スケッチの例からGR-COTTONを光らせるプログラムを選びます。

メニュー[ファイル]→[スケッチの例]→[01.Basics]→[HelloKurumi]を選択します。

Cotton IDE for GRスケッチの例の読み込み

6. コンパイル・書き込み

以下の図の黄色くなっている矢印を押します。プログラムのビルドが始まり、プログラムの書き込みまで行われます。エラーが発生した場合は、以下を確認してみてください。

  • もう一度書き込みボタンを押しても変化ありませんか?
    (シリアル通信を行うスケッチが既に書き込まれていた場合、タイミングによって通信エラーが発生します)
  • シリアルポートの選択は正しく行われていますか?
  • GR-COTTONの裏面にある白いジャンパーはUSB側に差し込まれていますか?
  • USBケーブルはきちんと差し込まれていますか?

 

Cotton IDE for GRコンパイル

7. Congratulations!

書き込みが終了するとGR-COTTONのLEDが光り始めます。シリアルモニターを表示するとHelloが表示されます。

お疲れ様でした。GR-COTTONの特設サイトに色々なサンプルスケッチを用意してますので、是非試してみてください。