R-IN32M4-CL3は、CC-link IE TSNに対応可能で通信LSIです。R-INエンジンの技術に加えギガビット対応のイーサネットPHYを搭載する事でワンチップで最新のTSNの通信が実現できます。

特長

イーサネット通信 LSI「R-IN32M4-CL3」は、CC-Link IE TSNのネットワークへの対応を可能とするため機器間の時刻同期精度100万分の1秒以下の、超高速・高精度なモーション制御を実現可能とします。これにより、ユーザはアプリケーション機器における超高速・高精度なモーション制御を実現できるため、ACサーボ、アクチュエータ、ビジョン・センサなど、より高速な応答制御が求められるアプリケーション機器や、ネットワーク通信で多用されるリモートI/OなどのTSN対応が加速します。

また、R-INシリーズの特徴であるR-INエンジンを搭載しておりイーサネット通信に重要な「高速リアルタイム応答」「高精度通信制御(低ジッター通信)」を実現できます

製品ラインアップ

型名 Package 特徴
R9A06G064MGBG 484PBGA, 23mm□, 1.0mm pitch R-IN32M4-CL2と端子の互換性が高いので乗せ換えが容易です。
R9A06G064SGBG 356FBGA, 17mm□, 0.8mm pitch 23mm□のR9A06G064MGBGと比較して小型パッケージです。

R-IN32M4-CL3のパッケージ

R-IN32M4-CL3製品ブロック図

R9A06G064SGBG製品ブロック図

R9A06G064SGBG

R9A06G064MGBG製品ブロック図

R9A06G064MGBG

ターゲットアプリケーション

FA機器全般 (Remote I/O 、各種センサー、電磁弁、モータ類のネットワーク部)

お客様の開発をサポートする様々な情報をご用意しております。

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
R-INコンソーシアム 産業分野のソリューションをルネサスおよびパートナー同士のコラボレーションで創出し、積極的な情報発信活動を行っています。
My Renesas

MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスや

メールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。

セミナー 当製品のセミナーや、学習のための情報が掲載されています。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
Video 当製品に関するVideoコンテンツをご覧いただけます。

ハードウェア設計支援情報

タイトル 概要
IBIS/BSDL

IBISは、高速ボード設計に必要なシミュレーションデータで、実際のボードを作る前のシミュレーションが
可能になり、事前に波形の反射、リンギングなどの問題点の検討をすることができます。

BSDLは、JTAGのIEEE 1149.1準拠のツールの多くでサポートされているデータ入力フォーマットです。 これらのツールでは、自動テストパターン生成(ATPG) および自動テスト装置 (ATE) 機能によりテストが容易になります。

テセラ社
評価ボード
CC-Link IE TSNのスタートアップに最適な評価ボードです。
2つのEthernetポートを持ち、産業ネットワークでは必須であるライン接続での評価が可能です。
サンプルコードとアプリケーションノートを掲載しています。各フィルタで絞込みを行えます。

下記をご確認ください