1. Renesas Electronics
    2. All Products
    3. 産業Ethernet通信LSI (R-IN)
    4. マルチプロトコル通信LSI (R-IN32M3)

HW-RTOSの仕様

[ 概 要コンセプト | 仕 様 | 応用例次世代チュートリアル ]

 

 

1. HW-RTOS基本仕様

HW-RTOSの基本仕様は、R-IN32シリーズ、RZ-T1、RZ-N1シリーズとも、以下の通りです。

項目 仕様
タスク数 64
ISR数 1
HW ISRのための割り込み数 32
優先度 15
Tick周期 10 [us] ~ 100 [ms] まで1 [us] 間隔で指定可能
セマフォID数 128
イベントフラグID数 64
メールボックスID数 64

 

 

2. システムコール一覧

カテゴリ システムコール 備考
タスクの起動、終了

自タスクの終了

他タスクの終了

タスクの起動

 
イベントフラグ

イベントフラグ待ち

イベントフラグセット

イベントフラグクリア

タイムアウト、ポーリングオプション
セマフォ

セマフォ資源の獲得

セマフォ資源の解放

タイムアウト、ポーリングオプション
メールボックス

メールボックスからの受信

メールボックスへの送信

タイムアウト、ポーリングオプション
起床

起床待ち

タスクの起床

タイムアウトオプション
優先度

タスク優先度の変更

タスク優先順位の回転

 
その他

待ちの強制解除

CPUロック状態への移行

CPUロック状態の解除

ディスパッチ禁止

ディスパッチ許可

 

 

 

3. HW ISR

HW ISRでは、各割り込み信号に対応して以下のシステムコールをプログラマブルに設定することが可能です。

 

- イベントフラグのセット
- セマフォ資源の解放
- 起床
- 待ち状態の強制解除