概要

Description

R-Car(H3/M3/M3N) SoC、パワーマネジメントIC(PMIC)、プログラマブルクロックジェネレータを組み合わせることにより、高画質で多様なディスプレイ出力および幅広いメモリ・インターフェースに対応したスケーラブルなコックピット&インフォテインメントソリューションを実現します。

このシステムのメリット

  • LPDDR4-3200メモリ、HyperFlash™メモリを搭載したR-Car SoCと周辺回路を含んだリファレンスボード、拡張用のボードとボードコネクタにより、効率的なアプリケーション開発環境を提供
  • 柔軟性の高いクロックジェネレータは 1MHzから350MHzまでのクロックを生成可能なため、複数の水晶発振器を一つのデバイスで置き換えることができ、BOMコスト削減とPCB面積縮小を実現
  • 複数のスリープモードを持った各種電源レール仕様に対応可能なPMICにより、幅広いマルチコアSoCに最適な電源ソリューションを提供
  • R-Car SoC用に検証されたPMICにより、お客様の開発時間及びコストを削減

営業お問い合わせ

画像

ビデオ&トレーニング

車載統合コックピット

ルネサスのR-Car製品群はスケーラブルに最適化されているため、高いコストパフォーマンスで機能安全を実現できます。また、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立稼働を保証します。

ビデオシナリオ

ルネサスエレクトロニクスのギド・ヒルカーです。本日は統合コックピットについてお話しします。

統合コックピットの課題は、1つのECUでクラスタ、ナビゲーション、センタースタックを処理することです。一部のOEMは既に1ECU上への統合を開始しており、コストを削減しつつ、優れたルック&フィールを備えた魅力的なソリューションを提供しています。

このデモはR-Car M3N上で稼働しており、コストパフォーマンスに優れた統合コックピットソリューションであることがご確認いただけます。システムはAndroidがベースとなっており、スマートフォンのレプリケーションにもできるナビアプリであることがわかります。並行して、リアルタイム動作する組込みCPUが、2D描画エンジンを使用して、全面グラフィックのメインパネルを描画しています。

ルネサスは統合コックピットに向け、スケーラブルなR-Car製品群をラインナップしています。また、ハードウェアレベルで分離していることにより、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立性を保証します。これにより、機能安全にかかる費用と工数を削減できます。最後に、リアルタイムシステムの起動時間がさらに短くなり、クラスタ機能に加え、リアビューカメラ、カーオーディオシステムをすぐに利用できるのも、大きなメリットです。

画像
Winning Combos

車載システム向けウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシング+コネクティビティなど、ルネサスの補完的な車載用製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

もっとウィニング・コンビネーションを見てみましょう