~32ビットマイコン「RX631」「RX63N」のセーフティ分析結果をセーフティ・マニュアルおよび自己診断ソフトウェア・ライブラリとして提供~
2013年11月25日

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役会長兼CEO:作田 久男、以下ルネサス)は、このたび32ビットマイコン「RX631」「RX63N」向けの機能安全ソリューションを開発いたしました。

 新ソリューションはFA機器などの産業機器向けに機能安全システムを搭載するための開発負担を軽減する情報をまとめたセーフティ・マニュアルの他、CPUコアとRAM、フラッシュROMの自己診断ソフトウェア・ライブラリで構成されています。ルネサスはこの新ソリューションをCD-ROM媒体の形式で 2014年2月より提供を開始いたします。

 近年、様々な 産業機器で構成され大規模、複雑化している工場や産業プラントでは、産業機器の故障が原因とされる事故が報告され、従業員および社会への多大な影響・経済的損失が問題化しています。このため、故障しても安全を維持できる“機能安全”の考え方が広がっています。欧州機械指令(注1)においても機器の機能安全への対応が求められるなど、産業機器においては機能安全規格であるIEC61508等への対応が進んでいます。

 機能安全規格への対応には、開発者は従来のシステム開発に加え、セーフティ分析と呼ばれる、安全関連部(注2)に対する故障分析と故障診断手法およびその診断率検討といった、新たな作業が必要であり、規格の難解さも相まって、開発者の負担となっています。

 新ソリューションは、システム開発者が自ら実施していたこれらの作業を、ルネサスにてあらかじめ実施し、その結果をセーフティ・マニュアルと自己診断ソフト ウェア・ライブラリとして提供するものです。新ソリューションを導入すると、システム開発者はセーフティ・マニュアルから必要な情報を選択し、提供される自己診断ソフトウェア・ライブラリを活用することで安全関連部の開発作業を進めることが可能です。これにより、マイコンのセーフティ分析に要する期間を短 縮できるため、一例ですが、安全関連部におけるマイコンに関するシステム開発期間を半分程度に短縮することが可能になります。

 新ソリューションの特長は以下のとおりです。

(1)セーフティ・マニュアルを開発時のレファレンスとして活用可能

 IEC61508 対応システムをターゲットとするマイコン内部機能ブロック毎のセーフティ分析を実施し、その結果をセーフティ・マニュアルとして提供する。本マニュアルに より、RXマイコン内蔵のハードウェア診断機能の活用方法やソフトウェアによる診断手法、各種セーフティ・パラメータの算出結果が提示されるため、ユーザーは機能安全システム開発時のレファレンスとして活用可能。なお、CPU、RAM、フラッシュROM以外のマイコン機能に関しては、アプリケーションの 依存度が高いことから、セーフティ・マニュアルにおいては診断手法のみ提示。システム設計者はこれに沿ったプログラムを作成することで機能安全システムと して最適な診断を実現可能。

(2)自己診断ソフトウェア・ライブラリをご提供

 CPUとRAM、フラッシュROMに関して、自己診断ソフトウェア・ライブラリを提供する。CPU部分の自己診断ソフトウェアは、 フォールト・シミュレーション評価(注3)による診断率検証を実施することにより診断率の提示根拠を明確化しており、機能安全システム開発の効率化に貢献する。

(3)32ビットマイコン RX631、RX63Nに対応

 新ソリューションは、産業機器で幅広く採用されているRX631、RX63Nに対応。RX631、RX63Nは産業機器の機能安全実現に最適な電力性能、従来システムからの継承性を有しているため、産業機器への機能安全システムの搭載を容易にする。また、今後そのほかのRXファミリ製品への対応も順次計画し ている。

 新ソリューションの分析・診断手法の有効性・IEC61508規格への適合性については、すべての開発ステップにおいて認証機関「テュフ ラインランド」への確認のもと開発実施しています。

 なお、ルネサスは、11月26日より28日までドイツ・ニュルンベルクで開催される産業展示会「SPS/IPC/Drives」にて、新ソリューションのデモ展示を実施いたします。

以 上

(注1)欧州機械指令:欧州連合諸国で規定される統一法規のうち、産業機械製品の流通を対象としたもの。

(注2)安全関連部:機能安全を実現する機能部分。

(注3)フォールト・シミュレーション評価:自己診断機構が、想定故障を発見できる率を故障シミュレータ上で評価する手法。

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

この記事をシェアする

この記事をシェアする