IoT機器に向け、高性能かつ高度なセキュリティ機能を備えたArm Cortex-M33コア搭載RA6M4マイコングループを発売

~ArmのTrustZoneテクノロジとルネサス独自のSecure Crypto Engineを組み合わせた強固なセキュリティ機能やOctaメモリインタフェースを搭載~

2020年10月06日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、Armコア搭載の32ビットマイコンRAファミリを拡充し、RA6シリーズに新たにRA6M4マイコングループ9種を発売、量産を開始しました。これによりRAファミリは42種へと拡大しました。RA6M4マイコンは、Armv8-MアーキテクチャのArm® Cortex®-M33コアを搭載し、最大動作周波数は200MHz、Arm TrustZone® テクノロジに対応しています。最先端のセキュリティおよびコネクティビティ機能とともに、最適なパフォーマンスを実現します。開発にあたっては、Armの広範なエコシステムを活用できるだけでなく、ルネサスがRAファミリ用に提供している使いやすいFlexible Software Package(FSP)に加え、ルネサスのパートナーエコシステムから提供される、すぐに使えるソフトウェアやハードウェアであるRA Readyソリューションを使用でき、開発期間の短縮を図ることができます。これにより、ファクトリオートメーション、ビルオートメーション、メータ、ヘルスケア、家電など、幅広いインテリジェントなIoT機器の開発を加速します。

 RA6M4は、強力なセキュリティと充実したコネクティビティ機能、最大1MB(メガバイト)のフラッシュメモリと256 KB(キロバイト、ECC付64KB)のSRAMを搭載したマイコンです。セキュリティでは、Arm TrustZoneテクノロジに加えて、ルネサス独自の暗号エンジンSecure Crypto Engineにより、複数の対称・非対称暗号アクセラレータ、高度な鍵の管理、セキュリティライフサイクル管理、改ざん検知、およびサイドチャネル攻撃への強い耐性など、優れたセキュリティ機能を実現します。こうしたセキュリティ機能により、RA6M4マイコンは、コネクテッド用途に最適なだけでなく、外付けのセキュアエレメントを不要とするなどBOMコストを削減しながら、あらゆるIoT設計においてセキュアな機能を実現できます。

 ルネサスのIoT・インフラ事業本部のSenior Vice PresidentであるRoger Wendelkenは次のように述べています。「昨年10月のRAファミリの発表時にお約束したとおり、新たなRA6M4マイコンによるシリーズの拡充をお知らせできることを誇りに思います。お客様は、Arm Cortex-M33コアが組み込まれたクラス最高のパフォーマンスとセキュリティ機能を手にすることとなり、搭載メモリの増加、メモリインタフェースの拡張、電力効率の向上、ウェイクアップまでの時間短縮、接続オプションの強化などに対応できます。このマイコンが実現する高レベルのセキュリティとIoTコネクティビティ、そしてArm TrustZoneテクノロジによる堅牢性とArmならではの設計のしやすさと信頼性は、お客様に必ずや喜んでいただけると思います。」

 ArmのAutomotive and IoT Line of Businessのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャであるDipti Vachani氏は次のように述べています。「IoTエッジおよびエンドポイントテクノロジにより、開発者はプライバシを強化し、クラウドへの依存度を減らし、より小型のデバイスを構築する新たな機会を得ることができます。RA6M4 MCUは、プライバシとデータの整合性を確保するArm TrustZoneテクノロジにより、末端のデータにインテリジェンスを近づけ、IoTの発展を安全に加速させることができます。」

 RA6M4マイコンは40nmプロセスを採用し、フラッシュメモリからのCoreMarkアルゴリズムの実行時の消費電力を99μA/MHzに抑えることに成功しています。また、高性能オンチップオシレータを搭載することにより、スタンバイから30μ秒という高速ウェイクアップにも対応しています。

 

RA6M4グループの主な特長

  • 最大動作周波数200 MHz のArm Cortex-M33コアを搭載、TrustZoneテクノロジに対応
  • ルネサス独自の暗号エンジンSecure Crypto Engine搭載
  • 64ピンから144ピンまでスケーラブルなLQFPパッケージ
  • DMA(Direct Memory Access)付きイーサネットコントローラ
  • 静電容量式タッチキー搭載
  • A/Dコンターバータ×2
  • USB 2.0 Full SpeedおよびCANインタフェース
  • Quad SPI およびOctaメモリインタフェース
  • SCI(UART、Simple SPI、Simple I2C)およびSPI/ I2Cマルチマスターインタフェース
  • SDHIおよびSSI(Serial Sound Interface)

 

 Flexible Software Package(FSP)を用いたRA6M4の開発において、ユーザは従来のソフトウェアコード資産を再利用したり、Armの広範なエコシステムパートナのソフトウェアと組み合わせて使用することが可能です。これによりコネクティビティとセキュリティに関わる複雑な機能を短期間で実装することができます。FSPにはFreeRTOSを採用し、各種ミドルウェアが含まれています。これによりユーザはデバイス―クラウド間の接続までも容易に実装することができます。もちろん要件に応じて他のRTOSやミドルウェアへの置き換えや拡張も容易に行えます。

 また、FSPに対応する一連の開発ツールもRA6M4に対応します。統合開発環境「e2 studio」は、プロジェクト作成、モジュール選択とコンフィギュレーション、コード開発、コード生成、デバッグなどの重要なステップをまとめて管理できる使いやすい開発環境です。FSPに関する各種設定作業はGUIを活用することで簡素化され、ユーザの開発プロセスを劇的に加速します。

 

RA6M4の詳細については、こちらをご覧ください。
www.renesas.com/products/microcontrollers-microprocessors/ra/ra6/ra6m4.html

以 上

 

*Arm、Arm Cortexおよび Arm TrustZoneは、EUとその他諸国におけるArm Limitedの商標または登録商標です。

*CoreMarkはEmbedded Microprocessor Benchmark Consortiumの登録商標です。

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。