~製品ポートフォリオを統合し、高度なデータ処理が要求される市場に向けルネサスのグローバル展開を加速~

2019年03月30日

ルネサス エレクトロニクス株式会社
Integrated Device Technology, Inc.

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)とセンサー、コネクティビティ、ワイヤレスパワーを中心としたアナログ・ミックスドシグナル製品を提供するIntegrated Device Technology, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 IDT)は本日、IDTの株主総会における承認や関連する国において必要となる当局の承認取得を経て、ルネサスがIDTの買収を2019年3月30日付(米国太平洋夏時間:2019年3月29日)で完了したことをお知らせします。

 ルネサスとIDTは、ルネサスのマイコン/SoCおよびパワーマネジメントICと IDTのRF、高性能タイミング、メモリインターフェイス、リアルタイム・インターコネクト、オプティカル・インターコネクト、ワイヤレスパワー、スマートセンサーを組み合わせることで、多種多様な先端技術や組み込みソリューションの提供が可能になりました。統合されたポートフォリオにより、産業、インフラ、自動車分野での成長著しいデータエコノミー関連のアプリケーションに向けて、世界中のお客様やビジネスパートナーの発展に資する新たな製品・ソリューションをお届けします。

 ルネサスとIDTの製品を補完的に組み合わせて、どのような包括的なソリューションを提供できるかを紹介するために、両社の統合により実現する技術面での強みの事例を紹介する15種類の「ウィニング・コンビネーション」を作成しました。具体的には、車載インフォテインメントシステムやダッシュボード向けのIDTの車載タイミングデバイスとルネサスのSoC、R-Carの組み合わせ事例、空調などのスマートビルディング向けのIDTのガスセンサーとルネサスのマイコン組み合わせ事例、またその他に基地局、有線、サーバー関連アプリケーション向けのソリューション事例などが含まれています。詳細については、www.renesas.com/solutions/idt.htmlをご覧ください。

 買収完了に伴い、IDTは本日より、ルネサスの100%子会社となり、本日付でIDTのExecutive Vice President, Global Operations and Chief Technology OfficerのSailesh Chittipeddi(サイリッシュ・チッティペディ)がIDTのPresident and CEOに就任すると共に、ルネサスの執行役員常務に就任しました。ルネサスはスムーズに事業統合できるよう注力するとともに、IDTが提供する業界トップクラスの実績を持つアナログ・ミックスドシグナル製品の技術サポートと将来の製品開発を継続していく予定です。

 2018年9月にお知らせしたとおり、ルネサスは本買収により、販売機会が拡大し、また成長著しい市場に対応することで、短期・長期の売上成長を見込み、さらに、規模の拡大に伴うコストの効率化により、合計 250 百万米ドル(1 米ドル 110 円換算で約 275 億円、Non-GAAP ベースの営業利益の年間ランレート)程度の統合効果を見込んでおります。本買収後には、ルネサスとIDTの業績値の単純合算による Non-GAAP ベースの売上高総利益率、1 株当たり純利益(EPS)およびフリー・キャッシュ・フローは、即時に向上する見込みです。本買収において、ルネサスは 手元資金および借入を用いて、約 63億米ドル(1 米ドル 110 円換算で約6,930億円)でIDT社株式を取得完了しました。

 ルネサスの 代表取締役社長兼CEOの呉 文精は次のように述べています。
「さらなるイノベーションの実現に向けて、エレクトロニクス業界における優秀な人材をルネサスグループに迎えることができ、大変嬉しく思っています。自動車、産業・IoT、データセンター・通信インフラなどを含む、成長著しいデータエコノミー関連市場においては、ルネサスとIDTのデータプロセッシングやアナログ・ミックスドシグナルにおける先端技術が必須となります。本買収は、こうしたデータエコノミー関連市場でのリーダーとしての地位を強化し、また、より包括的なソリューションを世界中のお客様に提供するという、ルネサスとIDTのコミットメントを示すものです。当社の注力する市場分野において成長を続けて収益性を高め、お客様や株主の皆様のために優れた価値を引き続き創造してまいります。」

 IDTのPresident and CEOのSailesh Chittipeddiは次のように述べています。
「ルネサスとIDTの製品ポートフォリオの補完性は非常に高く、両社製品を組み合わせることで、イノベーティブで包括的な製品群を市場提供でき、さらに充実した販売・流通網により世界中のお客様に対応可能となります。本日ご紹介した“ウィニング・コンビネーション”は、両社の統合を効率的かつ迅速に実現するという両社のコミットメントを示すものであり、またこれにより、お客様が業界最高峰のソリューションをいち早く市場提供できるよう貢献してまいります。」

 

<ルネサスについて>

ルネサス エレクトロニクス株式会社(TSE:6723)は、人々が安心・安全に暮らせる社会を実現するために、あらゆるモノとモノをつなぎインテリジェント化することを通して、組み込み機器に進化をもたらしています。そして、無限の未来をカタチづくるために、自動車、産業、家電、OA (Office Automation)、ICT (Information Communication Technology)分野に対して、世界的に高いシェアを誇るマイコンに加え、アナログ&パワーデバイス、SoCなどの各種半導体と幅広いソリューションを提供していきます。ルネサスの詳細は、renesas.comをご覧ください。

 

<IDTについて>

Integrated Device Technology, Inc.はルネサス エレクトロニクス株式会社の完全子会社であり、顧客のための最適なシステムソリューションを開発しています。コミュニケーション、コンピューティング、コンシューマー、自動車向け、産業向けの分野においてRF, 高性能タイミング、メモリインターフェイス、リアルタイム・インターコネクト、オプティカル・インターコネクト、ワイヤレスパワー、スマートセンサーなどの広範なアナログ・ミックスドシグナルソリューションの提供をしています。米国カリフォルニア州サンノゼに本社を構え、世界各地にデザイン、製造、販売施設に加え販売パートナーを有しております。IDTの詳細はwww.IDT.comをご覧ください。Facebook, LinkedIn, Twitter, and YouTube にて最新のアップデートをご覧いただけます。

 

以 上

 


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。