ルネサスがIDTを買収し、組み込みソリューションで世界をリード

2018年09月11日

ルネサス エレクトロニクス株式会社
Integrated Device Technology, Inc.

 

主な案件内容

  • アナログ・ミックスドシグナル企業を買収し、補完的に製品ラインアップを拡充。ルネサスの成長戦略を着実に推進
  • IDTのセンサー、高性能インターコネクト、RF/オプティカルおよびワイヤレスパワーなどのアナログ・ミックスドシグナル製品とルネサスのマイコン/SoCおよびパワーマネジメントICとの組み合わせにより、IoTやビッグデータ処理などで増大・高速化する情報処理要求に対応可能な網羅的なソリューションを提供
  • IDTのメモリインターコネクト製品や特定用途向けパワーマネジメントICを足掛かりに、ルネサスは成長著しいデータエコノミー関連分野での成長機会を創出するとともに、産業・自動車分野でのポジション強化を実現
  • IDTの全株式に対し、1株当たり49.00米ドルを現金で支払う予定であり、IDTの2018年8月30日の終値に対して約29.50%のプレミアムを付与
  • 両社数値を単純合算したNon-GAAPベースの売上高総利益率、Non-GAAPベースの1株当たり純利益(EPS)およびフリーキャッシュフローが、本買収完了後に早期に増加する見込み
  • 買収資金については、手元資金および主要取引銀行から新たに約6,790億円の借入金による調達で充当することを予定。本買収では新株発行を伴う資金調達は行わない

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下 ルネサス)とセンサー、コネクティビティ、ワイヤレスパワーを中心としたアナログ・ミックスドシグナル製品を提供する米国の半導体会社Integrated Device Technology, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、President and CEO: Gregory L. Waters、以下 IDT)は、ルネサスがIDTの株式を1株当たり49.00米ドル、買収金額は株式価値にして約67億米ドル(1米ドル110円換算で約7,330億円)で現金による買収を行う最終契約を本日締結しました。本買収により、電子機器の性能・効率の向上に強みを持つ、組み込みプロセッサとアナログ・ミックスドシグナル製品の大手企業が統合することとなります。本買収は、両社の取締役会にて全会一致で可決されました。買収完了は、IDTの株主総会における合併の承認、および関係当事国において必要となる当局の承認の取得を前提としており、2019年上期中を予定しています。

 

以下、詳細は こちら(277KB)をご覧ください。

 

本件に関するプレゼン資料はこちらをご覧ください。

以 上


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。