車載カメラ用アプリケーション開発を加速する「R-Car V3Mスタータキット」を新発売、Renesas autonomy™のオープン開発環境を拡充

~ディープラーニングを取り入れたNCAP向けの最先端カメラアプリケーションを効率的に開発可能~

2017年12月25日

現在の株価
投資家の皆様へ

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)は、このたび、市場が拡大しているNCAP (注1)向けフロントカメラアプリケーションおよびサラウンドビュー、LiDARシステムに対応するSoC(System on Chip)「R-Car V3M」を搭載した「R-Car V3Mスタータキット」の提供を2018年1Q(1-3月期)より開始いたします。これは、ルネサスのオープン、イノベイティブ、トラステッドなRenesas autonomy™プラットフォームの一環として、オープン開発環境を拡充したものです。

 

 R-Car V3Mは、低消費電力を実現しながら高度な画像認識を実現する高性能SoCです。ディープラーニングに対応するCNN(Convolutional neural network) (注2)エンジンを搭載しているため、標識の意味の認識など、NCAP向けの最先端アプリケーションの開発が可能です。このR-Car V3Mを搭載したR-Car V3Mスタータキットは、Linuxに対応しているため、Linuxの豊富なオープンソフトウェアを利用可能です。さらにルネサスのオープンソース対応IDE(統合開発環境)であるe 2 Studioを利用した開発も可能です。

 R-Car V3MスタータキットとLinux BSP(Board Support Package)は、2018年1Qから限定出荷を開始し、2018年3Q(7-9月期)から、本格出荷を計画しています。

 ルネサス エレクトロニクス株式会社のグローバルADASセンター、Vice PresidentのJean-Francois Chouteauは次のように述べています。「拡大著しいNCAPカメラ市場において、低消費電力と高性能を実現したR-Car V3Mが搭載されたR-Car V3M スタータキットは、ビジネスチャンスを逃さない効率的な開発を可能とします。すでに協業を発表しているフロントカメラアプリケーションのパートナーであるHELLA Aglaia社のソフトウェアを搭載すれば、すぐに最先端のフロントカメラソリューションが実現できます。」

 

 R-Car V3Mスタータキットの主な特長は以下の通りです。

 

(1)NCAP向け最先端のスマートカメラからサラウンドビューまで対応した高い拡張性

 本キットは、車載向けシステム開発に必要なメモリ、インタフェースとして、2GB RAM、eMMC (embedded multi-media controller)(注3)、Ethernet、ディスプレイ、デバック用インタフェースなどを備えています。440ピンの拡張ポートも搭載し、サラウンドビューをはじめとする複数カメラを用いたアプリケーション向けシステム開発にも使用可能。各種開発ツールとの接続も可能であり、新たにボード開発を行うことなく、ディープラーニングを取り入れたNCAP向け最先端のスマートカメラからサラウンドビューまで、高度なアプリケーション開発が可能です。

 

(2)オープンな開発環境により、実車ベースの開発をすぐに開始可能

 本キットは、Linuxに対応。elinux.orgからLinux BSPをダウンロードして、豊富なLinuxのオープンソースを利用した開発を、すぐに始めることができます。さらに、ルネサスの豊富なエコシステムパートナによるツール、ソフトウェアも利用可能です。コンピュータービジョンのアルゴリズム開発にはCodeplay社から提供されるADASシステム開発向けOpenCL™フレームワークが対応可能で、2018年1Qから順次提供予定です。また本キットは、IDE(統合開発環境)であるe2 Studioにも対応しており、アプリケーションではフロントカメラアプリケーションのパートナーであるHELLA Aglaia社のソフトウェアや、Cogent社から提供される3Dサラウンドビュー・自動駐車システム用ソフトウェアを使用可能です。実車ベースでの開発に対応しており、R-Car V3Mスタータキットを利用すれば、手軽に実車に搭載して、アプリケーションのテストや検証が可能です。

 

 R-Car V3Mは、ルネサス独自の画像処理エンジンであるIMP(Image processor)、ディープラーニング向けニューラルネットワークエンジンCNNを搭載し、低消費電力ながら高性能な画像認識を実現する革新的なSoCです。また、ISP(Image Signal Processor)を内蔵しているため、ISPを搭載していないカメラを用いたシステム構築が可能。メモリもDDR3Lを採用し、システムレベルでのコスト削減も可能です。ルネサスは、今後も自動運転車向けRenesas autonomyを強化し、フラッグシップモデルから普及帯モデルまで、すべてのクルマに高度な運転支援システムあるいは自動運転システムが導入されるよう、安心・安全なクルマ社会の実現に向けてさらなる技術開発を進めてまいります。

 

 R-Car V3M スタータキットの主な仕様は 別紙(268KB)のとおりです。

 

R-Car V3M スタータキットの製品情報は、https://www.renesas.com/ja/solutions/automotive/adas/solution-kits/rcar-v3m-starter-kit.htmlをご覧ください。

R-Car V3Mの製品情報は、https://www.renesas.com/ja/solutions/automotive/soc/r-car-v3m.htmlをご覧ください。

以 上

 

(注1) NCAP (New Car Assessment Program)とは、世界各国で行われている自動車の安全性を評価するテストであり、最近は特に自動ブレーキのアセスメントテストが盛り込まれている

(注2) コンボリューションニューラルネットワークとは、ディープラーニングにおけるネットワークのひとつであり、画像認識向けで非常によい成績をあげている。道路標識の識別や路上の障害物の認識、分類などへの活用が期待されている

(注3) eMMC(embedded MultiMediaCard/e-MMC/e.MMC)は、フラッシュメモリを利用した、組み込み機器向けの外部記憶装置の規格の一つでR-Car V3MのOSでボード上のメモリのブートが可能。ネットワーク経由より高速な立ち上げが可能

 

*  Renesas autonomyは、ルネサス エレクトロニクス株式会社の商標です。SYCL is the trademark of the Khronos Group Inc. OpenCL and the OpenCL logo are trademarks of Apple Inc. used by permission of the Khronos Group™. 本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。