ルネサス および ルネサス モバイルが携帯電話等用SoCのアプリケーションプロセッサやコミュニケーションプロセッサ用にARMプロセッサIPライセンスを取得

現在の株価
投資家の皆様へ

~big.LITTLE アーキテクチャー採用によりタブレット、スマートフォン、車載情報機器で高性能化とバッテリーの長寿命化を実現~

2012年06月13日

ルネサス エレクトロニクス株式会社
ルネサス モバイル株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:赤尾 泰、以下 ルネサス エレクトロニクス)とその子会社、ルネサス モバイル株式会社(代表取締役社長:川崎 郁也、以下 ルネサス モバイル)は、携帯機器、車載情報機器向けの次世代アプリケーションプロセッサ開発のため、ARM社よりARM® CortexTM-A7 MPCoreTMと ARM Cortex-A15 MPCoreTMのライセンスを取得しました。これらは、パワーマネジメントの大幅な改善を実現するARM社のbig.LITTLETMアーキテクチャーを構成するプロセッサIPであり、今回の採用によりルネサスでは、非常に高性能でバッテリーの長寿命化を実現できる次世代のアプリケーションプロセッサ(注1)やコミュニケーションプロセッサ(注2)、およびLTE/HSPA+のマルチモード対応スマートフォンプラットフォームの開発が可能になります。

 

 ARM社のbig.LITTLEアーキテクチャーは、従来の消費電力と性能との関係を一変させる柔軟な処理方法で、アプリケーションソフトウェアにより高性能コアと低消費電力コアの2つのプロセッサ クラスター(注3)間をシームレスに交換作動させ、タスクに最適なプロセッサ クラスターを選択することにより、ARM社比で最大70%のバッテリー寿命延長が可能になります。これにより、ルネサスはARM Cortex-A15 MPCoreプロセッサの高い性能とCortex-A7 MPCoreプロセッサの高い電力効率の両方の処理性能を持った製品をセットメーカに提供できます。

 

 ルネサス モバイル株式会社 取締役副社長 吉岡 真一は次のように述べています。
「市場では、低消費電力で高い性能を発揮する機器への需要が高まっており、ルネサス モバイルは世界でも最先端のアプリケーションプロセッサとモバイルプラットフォームを提供しております。 システムデザイン力と非常に複雑なLTEマルチモード携帯電話用システム・オン・チップ(SoC)への高集積化および最適化技術を有しており、当社のスマートデザインへの取り組みとARM社の先進的なプロセッサおよびbig.LITTLEアーキテクチャーは、非常に効果的な組み合わせとなります。」

 

 「低消費電力の思想はARMが提供するテクノロジの大きな柱です。この思想に基づいたbig.LITTLEアーキテクチャーを導入することで、消費者の期待する常時オン、常時接続のサービスと最適なパフォーマンスを提供するという課題に対応できます。私たちはルネサスとの長期にわたる関係をさらに続け、ルネサスが当社の最新の技術をベースとして、他社とは異なる革新的な先進のソリューションを開発するお手伝いができることを嬉しく思っています」とARM社のプロセッサ部門、フィジカルIP部門の執行副社長であるサイモン・シガース(Simon Segars)氏は述べています。

 

 ルネサス モバイルは、ARMプロセッサ搭載における長い経験があり、その消費電力とサイズにおいて今日のモバイル市場にインパクトある搭載実績を築いております。デュアルコアのARM Cortex-A9 は、当社の世界をリードするトリプルモード(LTE、DC-HSPA+、GSM)モデムとアプリケーションプロセッサを1チップ化した統合性の高いコミュニケーションプロセッサを搭載する、モバイルのボリュームゾーン市場向けモバイルプラットフォーム(MP5232)にも採用されております。また、今後はモバイルプラットフォームに加え、車載情報機器向けプラットフォームを提供し、画像・音声認識技術や仮想現実技術を駆使した、新しいヒューマン・マシン・インタフェースの実現に貢献してまいります。

 

(注1)アプリケーションプロセッサは、オーディオや動画などのマルチメディア・アプリケーションを専用に処理するSoC(System on Chip:システムLSI)。

(注2)コミュニケーションプロセッサは、マルチモードLTEモデムとアプリケーションプロセッサを1チップ化したシステムLSI。

(注3)プロセッサ クラスターは、プロセッサのCPUコアとキャッシュメモリ、バスからなるひと纏まりのシステム。

・高性能タブレットには、各クラスターでクアッド・コアプロセッサーを使用する2つのマルチギガヘルツクラスターが必要です。(例:コンピュートエンジンに合計4つのCortex-A15と4つのCortex-A7)

 

■ARM Corte-A7 MPCoreプロセッサとARM Cortex-A15 MPCoreプロセッサについてのARM社WebサイトURL:

■ARM big.LITTLE について

 ARM社のbig.LITTLE処理は、より長いバッテリー寿命のために高いパフォーマンスと非常に優れた電力効率を提供するSoC(System on Chip)を作成する方法という、今日の業界全体の課題に対応しています。big.LITTLEでは、ARM Cortex-A15 MPCoreプロセッサのパフォーマンスがCortex-A7プロセッサのエネルギー効率と結び付けられており、同じアプリケーションソフトウェアによってこれらのプロセッサ間をシームレスに切り替えることができます。各タスクにとって最適なプロセッサを選択することによって、big.LITTLEはバッテリー寿命を最大70%(ARM社比)も長くすることができます。

 

以 上

 

* ARMはARM社の登録商標です。CortexおよびMPCoreはARM社の商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。

また、本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

 


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。