業界最高クラスのデータ転送速度と業界最小クラスの低消費電力を実現するUSB3.0対応ホスト・コントローラLSIの発売について

~タブレットPCをはじめモバイル機器のバッテリ駆動時間の長時間化に貢献~

2011年03月09日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:赤尾 泰、以下ルネサス)はこのたび、パソコンやデジタルテレビなどの電気・電子機器向けに、データ転送の実効速度を向上させるとともに省電力モード時の消費電力を削減可能なUSB3.0対応ホスト・コントローラLSIを2品種製品化し、それぞれ「μPD720201」、「μPD720202」の名称で、本日よりサンプル出荷を開始いたします。

 新製品は、(1) データ転送処理方式を改善し、外付けのUSB3.0ハードディスクをはじめとする各種周辺機器へのデータ転送の実効速度を当社従来品 「μPD720200A」と比べて約40%高速化、(2) パソコンやデジタルテレビなどの待機時に消費される省電力モード時の電力を従来比90%減となる4.5mW(ミリワット)に抑制、(3) 小型QFN(Quad Flat No-Lead)パッケージの採用やファームウェアダウンロード機能の搭載により実装面積の低減、といった特長を有しております。

 新製品を採用することで、高速データ転送が可能かつ小型でバッテリ駆動時間の長い電気・電子機器を容易に構成することができます。さらに新製品には、すでに市場実績のある当社製のWindows®用デバイスドライバやLinux®でサポートされたデバイスドライバを無償で活用することが可能です。

 新製品のサンプル価格はUSB3.0ダウンストリームポートを4ポート備えたμPD720201が2,000円/個、2ポート備えたμPD720202が1,000円/個となっており、本年9月から2品種合計で月産200万個の量産を行う計画です。

 USBは、パソコンをはじめとするデジタル家電にマウスやUSBハードディスクなどの周辺機器を接続するインタフェース規格として、現在世界中に幅広く普及しています。近年、映像コンテンツや記録メディアの大容量化に伴い、インタフェースに対する高速化へのニーズが高まった結果、従来の480メガビット/秒という転送速度を10倍に高速化したUSB3.0が登場しました。

 USB3.0は、パソコンをはじめハードディスクやUSBフラッシュメモリなどの周辺機器へ搭載が進んでいます。最近では、ハードディスクよりも高速に読み書き可能なSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)や、パソコンの内部バス規格の高速版である「PCI Express® Generation2」に対応したチップセットの登場により、USB3.0の高速性能を十分に発揮できる環境が整いつつあります。このような状況のもと、市場からは周辺機器との実効的なデータ転送速度の向上、タブレットPCやネットブックなどのモバイル機器への搭載に向けてバッテリ寿命を左右する待機時の消費電力のさらなる低減、小型基板への搭載を可能にするパッケージの小型化などが求められております。

 新製品は、当社として新たに4ポート品をラインアップに加え、さらなる高速化・低消費電力化・小型化へのニーズに応えるために開発されたものです。

 新製品の主な特長は次のとおりです。

 

(1)業界最高クラスのデータ転送速度を実現

 データ転送処理回路を改善することでUSB3.0ハードディスクなどの周辺機器へデータを書き込む実効的な速度を従来比40%向上。これにより、読み込み性能とともに業界最高速クラスのデータ転送速度を実現。

 

(2)業界最小クラスの低消費電力化を実現

 当社従来品で実現した周辺機器が未接続な状態時の電力を低減する技術に加え、省電力モード時にリーク電流を徹底的に抑制できるように回路を改良している。 これにより、省電力モード時の消費電力を従来比90%減となる4.5mWを実現。業界最小クラスの低消費電力を実現し、ノートパソコンなどのモバイル機器 の待機時電力を抑え、バッテリの長寿命化に貢献できる。

 

(3)小型QFNパッケージの採用とファームウェアダウンロード機能の搭載により実装面積を低減

 μPD720201は8mm(ミリメートル)×8mm、μPD720202は7mm×7mmのQFNパッケージを採用している。これにより、パッケージサイズを従来比約50%減となる小型化を実現。

 また、従来外付けのシリアルフラッシュROMに格納したファームウェアを使用していたが、新製品はPCI Expressインタフェースの改良によりBIOS(Basic Input/OutPut System)などのシステムソフトウェアからファームウェアをダウンロードすることができる機能を実装。このため、システムソフトウェアからファームウェアをダウンロードする場合には、シリアルフラッシュROMの外付けが不要。これにより、USB3.0機能搭載に必要な部品の実装面積を削減可能。

 

 ルネサスは新製品が、パソコンやデジタル家電のデータ転送処理の高速化に貢献するほか、バッテリによる長時間駆動や小型モバイル機器へのUSB3.0搭載を加速するものと位置付け、今後も積極的な拡販活動を展開する計画です。

新製品の仕様は、別紙をご参照下さい。


 なお、当社は、本年3月9日から3月10日まで、オランダのアムステルダムで開催される「SuperSpeed USB Developers Conference」にて、新製品の展示・実演を行います。

 

以 上

 

*  Windows は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。PCI ExpressはPCI SIG社の登録商標です。その他、本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。