パッケージを従来の1/3に小型化したモバイルAV機器向けシステムLSIの発売について

2010年11月26日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:赤尾 泰)はこのたび、携帯マルチメディア・プレーヤーや電子ブック、ネットテレビなどに向けて、映像や音声データの再生を1チップで実現するモバイルAV機器向けシステムLSIを開発し、「EMMA Mobile™ EV0(エマモバイルイーブイゼロ)-D」の名称で、2011年4月よりサンプル出荷を開始いたします。

 新製品は、英国ARM社製の高性能最新CPUコア「Cortex™-A9」を搭載し、MPEG2、MPEG4やH.264のハイビジョン(1920ピクセル×1080ピクセル)ビデオ再生に必要な機能を1チップに集積した「EMMA Mobile EV」のシリーズ品で、パッケージサイズを従来の16mm(ミリメートル)×16mmから9mm×9mmへ1/3程度に小型化するとともに、DRAMをひとつのパッケージ内に封入しているためモバイルAV機器などの応用製品の小型化に加え、DRAM間の高速インタフェース設計が不要となるため基板設計の容易化にも大きく貢献できる点が最大の特長です。
 新製品を採用することで、より多機能・高性能なモバイルAV機器や電子ブックをはじめとする組み込みシステムを、短期間かつ低コストで実現可能となります。
 また当社はDRAMを搭載しない「EMMA Mobile EV0-S」も2011年4月よりサンプル出荷を開始し、多様なニーズに応えてまいります。
 サンプル価格はEMMA Mobile EV0-Dが3,000円/個、EMMA Mobile EV0-Sが2,500円/個となっており、量産は2011年10月から開始し、2品種合計で月産100万個を計画しております。

 近年、携帯マルチメディア・プレーヤーや電子ブックなどマルチメディアデータを再生する携帯端末機器分野には多種多様な製品が登場しており、その市場は、年率10%の成長で2013年には全世界で4億5千万台に達する見込みです。また、テレビなどの情報機器もインターネット接続による多機能化・高性能化が進展するなど、将来的に、より高度なマルチメディアデータの処理機能をもつ新たなモバイルAV機器市場が形成されることが予想されます。
 モバイルAV市場は製品のライフサイクルが早いため競争も激しく、市場からはマルチメディアデータの再生に必要な機能を有しながら、小型かつ低コストでモバイルAV機器を実現可能な半導体製品の早期市場投入が求められております。新製品は、このようなニーズに応え開発されたものです。
 新製品の特長の詳細は以下のとおりです。

(1)パッケージサイズを当社従来品比約1/3に小型化

 市場ニーズに合わせた最適なシステム設計を行うことで、チップサイズ、端子数を必要最小限に最適化した。これにより、パッケージサイズを当社従来品であるEMMA Mobile EVの16mm×16mmから9mm×9mmと1/3程度の小型化を実現。

 

(2)DRAMを1パッケージに封入

 最適サイズのDRAMをSiP(System In Package)技術により、プロセッサチップと1パッケージ化。これにより、システムの小型化のほか、従来外付けされていたDRAM間の高速インタフェース設計が不要となるため基板設計の容易化に貢献。

 当社は、新製品をモバイルAV分野における戦略製品と位置づけ、積極的な販売活動を展開してまいります。また当社は、LSIだけでなく、ユーザーのシステム開発負荷を軽減するための評価開発環境を、パートナー企業とも連携して提供してまいります。さらに将来は、今後のネットワーク社会において重要となるコアテクノロジーを集結した「新統合SoCプラットフォーム」で開発したモバイル用SoC「R-Mobile」へ新製品を継承・発展させていきます。

新製品の主な仕様は別紙をご参照下さい。

 

以 上

 

* CortexはARM Limitedの商標です。EMMA Mobile、EMMAはルネサス エレクトロニクス株式会社の日本、米国及びその他の国における商標です。その他、本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。