ルネサスがノキアのワイヤレスモデム事業を買収

2010年07月06日

ルネサス エレクトロニクス株式会社
ノキア・コーポレーション

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:赤尾 泰、以下ルネサス)とノキア・コーポレーション(本社:フィンランド エスポー市、CEO:オリペッカ・カラスブオ、以下ノキア)は、本日、HSPA+(注1)やLTE(注2)以降の通信規格に向けた半導体ソリューションとモデム技術の開発について戦略的事業提携契約を結び、これまでの協力関係を強化することに合意しました。本事業提携の一環として、両社はノキアのワイヤレスモデム事業をルネサスに約2億米ドル(約180億円)で譲渡する契約を締結しました。また、今後両社が次世代モデム技術についての長期的な共同開発を行うことも決定しました。

 今回のノキアのワイヤレスモデム事業の譲渡により、ルネサスはノキアの技術資産・エンジニアリングノウハウと、ルネサスの市場実績が豊富な自社マルチメディア処理技術およびRF技術とを最適に組み合わせ、最先端のモバイルプラットフォーム(注3)ソリューションを市場に提供することが可能となります。ルネサスは、モバイルプラットフォームとして、ルネサス既存のアプリケーションプロセッサ、RF IC、ハイパワーアンプ、電源ICとノキアのモデム技術を組み合わせたチップセットを中核にターンキーソリューション(注4)を供給します。

 ノキアのワイヤレスモデム事業は、これまで世界中で長年にわたり何十億台に及ぶ携帯電話に使われてきたGSM(注5)/HSPA/LTE規格のモデム技術・特許を有しております。また、ワイヤレスモデム事業の譲渡に伴い、フィンランド、インド、英国、デンマークなどに拠点を構えるノキア同部門の従業員約1,100名も、ルネサスに移管されます。

 本事業譲渡により、ルネサスは、GSMからLTEという広範囲な通信規格に対応し、かつ高度なマルチメディア処理が可能なワンストップ型モバイルプラットフォームが提供可能となり、3G/LTE市場で有数の世界的半導体メーカーとしての地位を確立します。

 今回の提携に関してルネサスの代表取締役社長の赤尾 泰は、「ノキアとの今回の戦略的提携は、当社がグローバル市場において世界有数のモバイルプラットフォームベンダーとなるための重要なステップです。無線通信の高速化の進展と共に、携帯機器のクラウド対応化による新たな市場拡大が予測されます。両社の提携により、”モバイルクラウドコンピューティング”を実現する高速通信が可能な携帯機器をユーザーに提供できます。今回獲得する高速無線通信技術と継続的な技術革新を産み出す開発力は、当社のモバイル事業のコアコンピタンスとの補完関係にあり、競争優位性を一層強化することができます。当社は、現在進めている体質強化策と並行して、当社が目指す海外事業拡大施策の一環として、今回の戦略的提携によりモバイル事業をグローバルに成長させていきます。」と述べています。

 また、ノキアのExecutive Vice Presidentのカイ・オイスタモは、「ワイヤレスモデムは今日の携帯電話向け半導体ソリューションに必要不可欠な要素です。ノキアは、ルネサスがモバイル市場での主要な半導体メーカーとして、ワイヤレスモデムを含んだ半導体ソリューションの開発を行うのに最適な企業であると認識しています。この提携により、ノキアは、Connecting Peopleという企業理念の下、高度なモバイル端末とサービスとの融合という、コア事業に引き続き注力します。」と述べています。

 また、ルネサスは2009年よりノキアからモデム技術のライセンスを受け、HSPA+/LTE対応モバイルプラットフォームをノキアと協力して開発してきました。これを受けて、ノキアのカイ・オイスタモは、更に次のようにコメントしています。

「ノキアの世界的なモデム技術とルネサスの高性能マルチメディア処理技術とRF技術を統合することで、ルネサスがHSPA+/LTE半導体市場で強固なポジションを確立できると信じています。」

 本事業譲渡を円滑に推進するため、ノキアは、人事部門とともに各地域の労働法により必要となる人事的協議プロセスを開始していきます。本譲渡は、関連法規制面での承認手続きを経て、2010年10-12月期に実施される見通しです。

 

以 上

 

(注1) High Speed Packet Access Plus: 第3世代(3G)携帯電話のうち「W-CDMA」のデータ転送を高速化した規格。

(注2) Long Term Evolution: 携帯電話の高速データ通信規格の一つであり、3.9Gと呼ばれている。

(注3) 高速データ転送を司るモデム、マルチメディア処理技術、RF技術を含むチップセット、および様々なOSに対応したドライバをはじめとするソフトウェアを組み合わせた携帯電話の基本システム

<モバイルプラットフォーム概念図>

MID:Mobile Internet Device。モバイルインターネット端末。

MeeGo: ノキアとインテルが共同で開発するモバイルOS。

(注4) すぐに利用可能なソフトウェアと回路の双方を含むソリューション。

(注5) Global System for Mobile Communications: 欧州で規格が統一された第2世代携帯電話の標準規格。

事業譲渡の概要 は別紙をご参照下さい。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。