ドコモ、ルネサス、富士通、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープの6社が携帯電話向けアプリケーションプラットフォームの共同開発に合意

2010年04月26日

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
ルネサス エレクトロニクス株式会社
富士通株式会社
日本電気株式会社
パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社
シャープ株式会社

 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(代表取締役社長:山田 隆持、以下ドコモ)、ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:赤尾 泰、以下ルネサス)、富士通株式会社(執行役員社長:山本 正已、以下富士通)、日本電気株式会社(代表取締役執行役員社長:遠藤 信博、以下NEC)、パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:脇 治、以下パナソニックモバイル)、シャープ株式会社(代表取締役社長:片山 幹雄、以下シャープ)の6社は、Linux OSおよびSymbian OSに対応した、新たなアプリケーションプラットフォーム(注1)(以下AP-PF)を2011年度後半に発売予定の携帯電話への搭載を目標に共同開発を行います。

 本取り組みは、Symbian OS、Linux OSの両方に対応したメーカー4社の携帯電話に共通で搭載が可能なAP-PFの開発を目指すものです。これにより、携帯電話メーカー4社は携帯電話のアプリケーション処理における基本機能の独自開発が不要となり、開発期間の短縮や開発コスト低減が可能となるため、独自機能の開発に注力できます。

 また、AP-PFは6社の携帯電話開発のノウハウを融合し、アプリケーション処理能力の高速化による動画処理機能の向上や3Dグラフィック処理機能の拡充による更なるマルチメディア機能強化を目指します。

 AP-PFは日本国内のみならず、全世界の携帯電話市場に提供を予定しております。なお、今後、AP-PFの Android等のオープンOSへの対応も検討してまいります。

 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(代表取締役社長:山田 隆持、以下ドコモ)、ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:赤尾 泰、以下ルネサス)、富士通株式会社(執行役員社長:山本 正已、以下富士通)、日本電気株式会社(代表取締役執行役員社長:遠藤 信博、以下NEC)、パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:脇 治、以下パナソニックモバイル)、シャープ株式会社(代表取締役社長:片山 幹雄、以下シャープ)の6社は、Linux OSおよびSymbian OSに対応した、新たなアプリケーションプラットフォーム(注1)(以下AP-PF)を2011年度後半に発売予定の携帯電話への搭載を目標に共同開発を行います。

 本取り組みは、Symbian OS、Linux OSの両方に対応したメーカー4社の携帯電話に共通で搭載が可能なAP-PFの開発を目指すものです。これにより、携帯電話メーカー4社は携帯電話のアプリケーション処理における基本機能の独自開発が不要となり、開発期間の短縮や開発コスト低減が可能となるため、独自機能の開発に注力できます。

 また、AP-PFは6社の携帯電話開発のノウハウを融合し、アプリケーション処理能力の高速化による動画処理機能の向上や3Dグラフィック処理機能の拡充による更なるマルチメディア機能強化を目指します。

 AP-PFは日本国内のみならず、全世界の携帯電話市場に提供を予定しております。なお、今後、AP-PFの Android等のオープンOSへの対応も検討してまいります。

■注記

(注1) アプリケーションプラットフォーム: 動画や音楽などを処理するアプリケーションLSI上で動作するソフトウェアを含んだ携帯電話の基本システム。

* 記載の製品名、会社名、ブランドはそれぞれの所有者に帰属します。

アプリケーションプラットフォーム イメージ図

アプリケーションプラットフォーム

※範囲上の白抜き部はインテグレーション・検証対象

 

以 上


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。