インターシル、最高の強化絶縁性能を提供する高速RS-485トランシーバを発表

現在の株価
投資家の皆様へ

堅牢性の高いISL32741EとISL32740E、産業用IoTネットワーク向けに業界最高の動作電圧と超低EMIを提供

2017年08月28日

ルネサス エレクトロニクス株式会社(TSE:6723)の子会社であるインターシルは、産業用IoT(IIoT)ネットワーク向けに40Mbps双方向データ伝送を提供する新しい高速絶縁型RS-485差動バス・トランシーバ2製品を発表しました。新製品のISL32741Eは、競合ソリューションに比べ2倍超の1,000VRMSの動作電圧と6kVの強化絶縁性能を提供します。今日最も要求の厳しい医療/高速モーター制御アプリケーションには、これらのより高い動作電圧と強化絶縁性能が求められます。もう1つの新製品であるISL32740Eは、600VRMSの動作電圧と2.5kVの絶縁性能を業界最小パッケージで提供し、ファクトリ・オートメーション(FA)アプリケーションのプログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)向けに高いチャネル密度を実現します。

 

ISL3274xEトランシーバは他の絶縁技術と比べ、超低放射エミッション/EMI感受性、バス上での最大160デバイスのサポート、125℃までの拡張温度範囲などの利点も提供します。また、ガルバニック絶縁機能を提供する巨大磁気抵抗(GMR)技術の採用により、電気的ノイズの多いFAやBA(ビルディング・オートメーション)環境で発生するコモンモード・ノイズから通信バスを保護します。さらにインターシルのGMR絶縁は、DC/低周波信号のバリア間伝送にRF搬送波やパルス幅変調(PWM)を使用する静電容量性やトランス・ベースのアイソレータが必要とする複雑なエンコーディング・スキームを不要にします。

 

ISL3274xEトランシーバは、データ収集、デジタルI/Oモジュールをはじめ計装機器、ロボット、モーター制御駆動などにPLCを接続するPROFIBUS DPや高速RS-485ネットワークにおける機器バス間インタフェースに最適です。シールドが不要なほか、基板レイアウトの簡素化、基板面積の低減、データ伝送の信頼性と整合性の向上を可能にします。また、低消費電力も特長としています。例えば、ISL32740EIAZの60mAの電源電流は過熱を引き起こさずに、小型4 x 5mm QSOPパッケージで最大速度での動作を可能にします。

 

ISL3274xEトランシーバは非絶縁制御サイドで3Vマイクロコントローラ(MCU)への直接接続をサポートし、一方、絶縁バス・サイドはより高い5V電圧電源への接続により、100メートル以上の距離で強力なバス信号の通信を可能にします。ISL3274xEトランシーバはEN 50081とEN 50082-2電磁適合性(EMC)規格のほか、情報技術装置(ITE)向けの包括的なライン電圧規格EN 61000に完全に準拠しています。

 

インターシルのインダストリアル・アナログおよびパワー製品担当バイス・プレジデントのフィリップ・チェスレイは「私たちの最新の高速RS-485絶縁型トランシーバは実質上まったくEMIを発生させず、バス・ノード間のグラウンド・ループを排除してデータ伝送を保護します」と述べ、さらに「ISL32741Eの高い動作電圧と、強化絶縁バリアによる最大6kVの高い絶縁性能により、お客様にとって、最も困難なIIoTネットワーキングの設計課題の解消が可能になります」と語りました。
 

ISL32741E / ISL32740Eファミリの主な特長と仕様

  • 40Mbpsのデータレートにより高速データ伝送を実現
  • 3~5Vの電源をサポート
  • 5nsのパルス・スキューと20nsの伝播遅延を提供
  • ISL32741Eは6kVRMSの絶縁電圧、1,000VRMSの動作電圧、12.8kVのサージ耐性を提供
  • ISL32740Eは2.5kVRMSの絶縁電圧、600VRMSの動作電圧を提供
  • 1ユニット・ロード特性により、バス上最大160デバイスの接続が可能
  • 50kV/µs(代表値)、30kV/µs(最小値)のコモンモード過渡耐性により、ノイズの多い環境下で信頼性の高いデータ伝送を提供
  • 4万4,000年のバリア寿命を提供
  • 15kVのESDバス/ピン保護と低EMCフットプリント
  • サーマル・シャットダウン保護機能により、バス競合による損傷や、過電流を防止
  • PROFIBUS準拠
     

ISL3274xEはISL28025高精度デジタル・パワーモニタ、ISL12022M低消費電力リアルタイム・クロック、ルネサスのMCUとの組み合わせにより、システム・ソリューションを可能にします。

 

価格と供給

ISL32740EとISL32741E 40Mbps RS-485トランシーバは供給が開始されており、単価はパッケージ・タイプや温度範囲に応じて3.79米ドルから4.79米ドルです。評価ボードを単価99米ドルで提供しています。詳細はhttp://www.intersil.com/products/isl32741eをご覧ください。

製品名 動作電圧(V) 絶縁電圧(kV) パッケージ
(16ピン)
温度範囲(℃) 単価
(1,000個一括
購入時)
ISL32740EIAZ 600 2.5 QSOP -40~+85 3.79米ドル
ISL32740EIBZ 600 2.5 SOIC-W -40~+85 4.09米ドル
ISL32740EFBZ 600 2.5 SOIC-W -40~+125 4.29米ドル
ISL32741EIBZ 1,000 6 SOIC-W -40~+85 4.29米ドル
ISL32741EFBZ 1,000 6 SOIC-W -40~+125 4.49米ドル

※Intersil、Intersilロゴはルネサス・カンパニーのインターシルの商標または登録商標です。そのほかのブランド名、製品名、マークなどは、それぞれの権利所有者が製品やサービスを表記するために使用している商標または登録商標の場合があります。

 


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。