インターシル モバイル機器のバッテリ駆動時間延長を実現する昇降圧/昇圧スイッチング・レギュレータ「ISL911xx」ファミリを発表

現在の株価
投資家の皆様へ

業界をリードするフォーム・ファクタ。 モバイル機器の過熱、異常、ノイズを防止

2014年04月10日

革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードするインターシル(本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、NASDAQ:ISIL)は、小型で高集積化されたCSPパッケージに収納した業界初の大電流昇降圧/昇圧スイッチング・レギュレータ「ISL911xx」ファミリを発表しました。新製品のISL91110、 ISL91108、ISL91117は、サイズの低減と大電流回路の効率向上を可能にします。新ファミリの発表により、バッテリ駆動型モバイル機器とコンシューマ電子機器向けDC/DCスイッチング・レギュレータ技術のリーダーとしてのインターシルの地位はさらに強化されました。

ISL911xxスイッチング・レギュレータ・ファミリは革新的なアーキテクチャの採用により、最大96パーセントの効率を提供し、大電流ハンドヘルド機器のバッテリ駆動時間の延長と過熱の防止を実現します。インターシルの独自アーキテクチャは、降圧から昇圧へのシームレスな移行を可能にし、スマートフォン、タブレットなどの単一セル・リチウムイオン・バッテリ電源で動作する製品の異常とノイズを防止します。

 

モバイル機器のOEM企業は製品の差異化を強く求められています。処理能力向上、サイズ低減、シームレスなコネクティビティへの消費者の要求が増大しており、消費電力の増加をもたらしています。こうしたシステムへの要求の増大に伴い、バッテリ使用時間の低下、異常、過熱などの問題が発生し、消費者のユーザー・エクスペリエンスにマイナスの影響を与えています。ISL911xxスイッチング・レギュレータは、システム性能と機器の電力効率の向上を通じ、OEM企業によるこうした問題への対応を可能にします。

 

ISL91110/ ISL91108昇降圧スイッチング・レギュレータは、モバイル機器のパワーマネジメントIC (PMIC)として最適なほか、Wi-FiまたはRFパワーアンプ、カメラ、メモリ・インタフェースなどへの給電に使用できます。ISL911xxファミリのベースとなっているのは、インターシル独自の完全同期整流型4スイッチ・アーキテクチャです。この先進的なアーキテクチャは降圧から昇圧へのシームレスな移行と同時に、最小の単一セル・リチウムイオン・バッテリ電圧時に最大2.5Aの出力電流の提供を可能にし、モバイル機器の電力効率の大幅な向上、バッテリ駆動時間の延長、過熱防止を実現します。ISL91117昇圧コンバータは、大電流と高効率を必要とするハンドヘルド機器のUSB On-The-Go(OTG)機能の実装に最適です。

 

また、ISL911xxファミリは業界をリードする超高速過渡応答を実現しており、消費電力のスパイクに起因する大きな電流バーストに対応することができ、出力の大幅な撹乱を防止します。それにより、あらゆる負荷条件下で異常やノイズの発生を防止しながらシステム動作の信頼性を向上し、シームレスな機能性を実現します。また、最新のリチウムイオン・バッテリのすべての化学的組成に対応しており、システム設計時に、より広範なバッテリ電圧の選択が可能になります。

 

ISL911xxファミリは、スペースに制約のある機器向けに開発され、最小のインダクタやコンデンサの使用が可能で、モバイル機器に最適なコンバータ・ソリューションを提供します。スイッチング周波数は2.6MHzで、電源サイズのさらなる低減を可能にします。先進的なウエハ・レベルCSPパッケージを採用しており、占有面積をわずか2.34 x 1.72mmに低減できます。また、必要な外付け部品は1個のインダクタとその他の少数の部品だけで、全体的なスペースを最小化します。

 

インターシルのモバイル・パワー・プロダクツ担当シニア・バイス・プレジデントのアンドリュー・カウウェルは「インターシルはコンピューティング向けパワーマネジメント技術の進歩に、パイオニアとして大きく貢献してきました。モバイル市場ではシステムがますます複雑になり、消費電力が増大していますが、私たちは定評ある独自技術により、こうした問題に対応しています」と述べ、さらに「今回発表した昇降圧スイッチング・レギュレータは、パワーマネジメントICの高集積化と高性能化をさらに進め、モバイル機器の大幅な効率向上を可能にする主要な構成部品の一つです」と語りました。

 

ISL911xxファミリは、各種用途向けの3つの製品で構成されています。

  • ISL91110はファミリの中で電流が最大のスイッチング・レギュレータです。スマートフォンやタブレットのシステムPMICとして最適なほか、Wi-FiまたはRFパワーアンプ、メモリ・カードなどの周辺機器の電源としても使用可能です。2.5Vの低入力電圧で2Aの電流を供給できます。全般的なシステム効率を向上し、バッテリ駆動時間を延長するとともに、大電力のアプリケーション・プロセッサから大バースト電流が発生した際の電圧低下を防止します。大電流の要求が最も厳しい機器に最適です。
  • ISL91108もスマートフォンやタブレットのシステムPMICとして最適なほか、Wi-FiまたはRFパワーアンプ、メモリ・カードなどの周辺機器の電源としても使用できます。全般的なシステム効率を向上し、バッテリ駆動時間を延長するとともに、クワッドコア・プロセッサから大バースト電流が発生した際の電圧低下を防止します。軽負荷時の効率が高く、「常時オン」のアプリケーションに最適です。
  • ISL91117はバッテリ駆動機器向けの高集積型昇圧スイッチング・レギュレータです。小型化、柔軟性、効率が極めて重要なスマートフォンやタブレットの昇圧に最適です。5Vの固定出力電圧タイプと可変出力電圧タイプの2つが用意されています。
     

特長と仕様

  • 入力電圧範囲: 1.8V~5.5V
  • 超低RDSON FET(25mW N-FET、40mW P-FET)
  • 出力電流: 最大2A DC(PVIN = 2.5V、VOUT = 3.3V)
  • 出力パルス電流: 最大3A DC(PVIN = 3.0V、VOUT = 3.3V、tON < 600ms、T = 4.6ms)
  • 高効率: 最大96パーセント
  • 2.34 x 1.72mmの小型WLCSPパッケージ
     

価格と供給

ISL91110、ISL91108、ISL91117は出荷が開始されており、1,000個一括購入時の単価はそれぞれ0.83米ドル、0.74米ドル、0.74米ドルです。評価ボードISL91110IIA-EVZ、ISL91108IIA-EVZ、SL91117IIA-EVZを、いずれも単価334.00米ドルで提供しています。

 

ISL91110、ISL91108、ISL91117の詳細はそれぞれ、
http://jp.intersil.com/en/products/power-management/switching-regulators/integrated-fet-regulators/ISL91110.html
http://jp.intersil.com/en/products/power-management/switching-regulators/integrated-fet-regulators/ISL91108.html
http://jp.intersil.com/en/products/power-management/switching-regulators/integrated-fet-regulators/ISL91117.html
をご覧ください。

 

評価ボードISL91110IIA-EVZ、ISL91108IIA-EVZ、SL91117IIA-EVZの詳細はそれぞれ、
http://jp.intersil.com/en/tools/reference-designs/isl91110iix-evz.html
http://jp.intersil.com/en/tools/reference-designs/isl91108iix-evz.html
http://jp.intersil.com/en/tools/reference-designs/isl91117iix-evz.html
をご覧ください。

 

※Intersil、IntersilロゴはIntersil Corporationの商標または登録商標です。そのほかのブランド名、製品名、マークなどは、それぞれの権利所有者が製品やサービスを表記するために使用している商標または登録商標の場合があります。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。