インターシル システム設計を容易にする デジタル電源向け次世代PowerNavigator™ GUIを発表

現在の株価
投資家の皆様へ

LOCの書き込みなしで電源アーキテクチャの設定と制御を可能に

2013年11月12日

革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードするインターシル(本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、NASDAQ:ISIL)は、11月11日(米国時間)、デジタル電源設計分野の極めて画期的なツールであるPowerNavigator™グラフィカル・ユーザー・インタフェース(GUI)の最新バージョンを発表しました。これにより、インターシルのデジタル電源技術のリーダーとしての地位はさらに強化されます。PowerNavigator GUIの使用により、デジタル電源を採用したシステム回路設計の際に、ユーザーによるLOC(Lines of Code)の書き込みがまったく不要になります。また、使いやすいドラッグ・アンド・ドロップ可能なインタフェースにより、設計時間の大幅な短縮が実現します。

PowerNavigator GUIはダウンロード可能な無償ツールで、設計の自由度を向上し、電源アーキテクチャの迅速な設定と制御を可能にします。電源アーキテクチャの作成にPowerNavigatorの「ハードウェア・フリー」モードを使用すれば、ハードウェア開発の前に部品を選択でき、設計リスクを解消できます。PowerNavigator GUIはすべてのPMBus™コマンドと設定コンフィギュレーションへのアクセスを提供します。例えば、一般的なアプリケーション向けに、共通の定義済みコンフィギュレーションを提供する機能も備えています。

 

最初のハードウェアを開発すると、保存した設定の適用とすべての電源レールの監視を、PowerNavigator GUIが即座に実行できます。テレメトリック・データの選択により、いかなる数の電源レールも表示可能です。設計者はGUIを通じ、シンプルで直感的な制御により、最終的なシステム調整を行うことができます。さらに、視覚的に把握できるドラッグ・アンド・ドロップ可能なインタフェースを使い、電源レールのシーケンシングも実行できるようになりました。

 

PowerNavigator GUI、インターシルのデジタル電源ラインナップをサポート

インターシルは、電源の構成、制御、監視のためのPMBusシリアル・インタフェースを備えたデジタル電源ICとモジュールの製品ラインナップを急速に拡充しています。次世代プラットフォームの一つとして、インターシルは本日、補償回路が不要なデジタル電源コントローラ「ZL8800」を発表しました。ZL8800とPowerNavigator GUIを使って回路を設計することにより、設計時間の短縮が可能になります。ZL8800の詳細はhttp://go.intersil.com/jp/ZL8800をご覧ください。

Power Navigatorの使用について

Power Navigatorによる設計の詳細については、http://www.intersil.com/jp/products/power-management/zilker-labs-digital-power/powernavigator.htmlをご覧ください。

 

PowerNavigator GUIの特長

  • 「ハードウェア・フリー」モードにより、ハードウェア開発の前に電源システムの設計とアーキテクチャ構築が可能
  • グラフィカルなモニタ機能により、システム全体を1ページで読みやすく表示
  • 視覚的なシーケンシング機能により、ドラッグ・アンド・ドロップで複数の電源レールのシーケンシングが可能
  • コマンドライン・ツールにより、いかなるPMBusコマンドに対してもシンプルなアクセスと制御が可能
  • システム設計プロジェクト全体の保存が可能
  • コンフィギュレーション・ファイルにより、制作プログラミングのための個々のファイルの保存が可能
     

※Intersil、IntersilロゴはIntersil Corporationの商標または登録商標です。そのほかのブランド名、製品名、マークなどは、それぞれの権利所有者が製品やサービスを表記するために使用している商標または登録商標の場合があります。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。