環境への取り組み

ルネサスグループ 那珂地区は、

かけがいのない地球を守るため、
一人一人が自覚をもって全員一致協力して、
環境にやさしいより良い企業活動を行う。

ことを基本理念とし、那珂地区の活動・製品及びサービスが係わる環境側面に関して、以下の方針に基づき環境マネジメントを行います。

画像:那珂事業所

活動方針

基本施策

  1. 省エネルギー、省資源などに役立つ高性能・高品質の半導体製品の開発、製造を通して持続可能な社会の実現に貢献します。
  2. 環境マネジメントシステムの継続的改善を進め、半導体製造に伴う環境負荷の低減と環境汚染の予防を図ります。
  3. 法的要求事項及び同意するその他の要求事項を順守します。
  4. 半導体製造における環境パフォーマンスの改善のため、以下の項目を重点テーマとして推進します。
    • a. 生産性向上と資源の有効活用
    • b. 地球温暖化防止
    • c. 化学物質管理
    • d. 廃棄物削減
    • e. 環境に係る不具合の未然防止と迅速な対応
  5. ステークホルダーとのコミュニケーション及び地域の環境活動への参加を推進します。

環境活動

1. 地球温暖化防止

温室効果ガスの排出を削減するため、省エネルギーとPFCガスの排出削減を推進しています。

  • 省エネルギー活動
  • エネルギー消費の大部分を占める電力に対して、最新のクリーンルーム技術の採用、高効率機器の採用などにより、消費の増加抑制に努めています。
  • PFCガス排出削減活動
  • 温室効果が二酸化炭素の数千倍と大きいPFCガスの使用量も増加傾向にありますが、プロセス改善によるガス使用量の低減と除害設備の設置により、排出量を削減するように努めています。

2. 化学物質管理

生産拡大により化学物質の使用量は増加傾向にありますが、社内化学物質管理基準にもとづいてプロセスの改善や除害設備の設置などを進めて、使用量の増加抑制と環境への排出量削減に取組んでいます。

3. 廃棄物削減

廃棄物も生産拡大に伴い増加傾向となっていますが、発生量増加の抑制とリサイクル化を推進しています。社内のゼロエミッション達成基準である「最終処分率1%未満」を達成した後も、ゼロエミッションの継続と、さらなるレベルの向上に努めています。

4. 社外表彰等

  • 1999年  リサイクル推進協議会会長賞
  • 2000年  リサイクル推進協議会会長賞
  • 2002年  エネルギー管理優良工場(熱部門)関東経済産業局長表彰
  • 2002年  リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞
  • 2004年  茨城県リサイクル優良事業所認定
  • 2005年  エネルギー管理優良工場(電気部門)関東経済産業局長表彰
  • 2007年  茨城県地球にやさしい企業表彰

環境報告書

環境負荷低減活動のより詳しい内容は、下記の那珂事業所環境報告書をご覧下さい。

なお、2010年4月に新会社となる以前に発行した環境報告書は、会社名等の表記は発行時のものです。