1. Home
    2. 半導体セミナー

USB Power Delivery技術コース 中級

費用 10,800円(税込)   対象製品 Renesas USB Power Delivery ファミリ

開催日時/会場

2016年 4月27日(水)
13:00~17:30 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました
2016年 6月14日(火)
13:00~17:30 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました

受講をお勧めしたい方

  • USB PDの採用をご検討されている方
  • USB PDでの開発を具体的にご検討されている方

受講に必要な前提知識

特に必要な前提知識はありません。

内容

USB Power Delivery(以下USB PD)は、USBケーブルの特長である通信と給電の特長を活かし、高速データ転送と最大100Wまでの給電をUSBケーブル1本で実現する規格です。USB PDにより、充電時間の短縮やACアダプターの共有化などの利点があり、システムの簡素化にも貢献できます。新型コネクタのType-Cとともに新しい給電技術として注目を集めています。
本セミナーでは、USB PDの最新規格動向と詳細技術説明(4月13日に公開されたばかりのRev.3.0を含みます)、当社の新製品であるUSB PD3.0コントローラとUSB PD3.0対応電源ICを紹介します。また、USB PDシステム開発Tipsとして、ボード設計情報や開発ツールの紹介、実際のデバッグ環境を用いたパケット解析などを行い、今後開発を検討される方への実践的な知識をわかりやすく解説します。

カリキュラム

1日目

(1)パワーデリバリーで変わる世界

  • USB PDの可能性と最新動向
  • USB PDの技術概要
  • USB PDの懸念点に対する当社の提案

(2)最新規格動向と技術説明

  • USB PD Rev.3.0規格概要
  • USB Type-C Rev.1.2規格概要
  • 技術詳細説明(各種プロトコル、USB PD3.0追加技術など)

(3)当社製品とソリューションのご紹介

  • 当社新USB PD3.0コントローラ「R9A02G011」の紹介
  • 当社新USB PD3.0対応電源IC「RAA230161」の紹介
  • 当社リファレンスボードの紹介
  • 最新デモ環境の紹介

(4)USB PDシステム開発Tips

  • 「R9A02G011」各種機能とアプリ別設定方法
  • ボード設計情報
  • ROM writeツールの紹介
  • USB PDアナライザを使ったパケット解析

※カリキュラムは予告なく変更されることがあります。

演習環境

  • 座学のため演習はありません。

本セミナーの申込み受付けは全て終了しました。申込みありがとうございました。

2016年 4月27日(水) 終了しました
2016年 6月14日(火) 終了しました

Contact