1. Home
    2. 半導体セミナー

ITRON以上、Linux未満! 組み込みOS開発の新提案、京都マイコンSOLID体験セミナー RZ/A1H編 中級

費用 (無料)   対象製品  RZ/A1

開催日時/会場

2017年 08月30日(水)
13:00~17:00 豊洲会場(豊洲フォレシア)
2017年 09月21日(木)
13:00~17:00 新大阪会場(CIVI新大阪東)

講師

  • 京都マイクロコンピュータ株式会社
  • 株式会社KMG
  • 株式会社アルファプロジェクト
  • ユークエスト株式会社

受講をお勧めしたい方

  • RZ/A1などのCortex-AシリーズCPUを搭載したRZファミリの採用を検討されている方
  • プロセッサーの性能をさらに引き出したい方
  • RTOSを使ったリアルタイム制御アプリ(μsec単位の制御)を開発されている方
  • 統合開発環境でお悩みの方や使いこなせてない方
  • 複数人のチーム開発における開発効率向上を検討されている方
  • USBを使いこなしたい方

受講に必要な前提知識

  • 組み込みC言語によるプログラム開発経験
  • RTOSの基礎知識

内容

RZ/A1HのプロセッサであるCortex-A9はMMUを持っているためLinux用として検討されることがありますが、SH-2Aなど特にリアルタイム制御系向けのアプリの後継として採用される場合はRTOSの需要も依然として多いのが実状です。  
本セミナーでは、RTOSを採用したシステムにおいてMMUを徹底的に活用することで実現できる効果的なソフトウェア開発プラットフォームである京都マイクロコンピュータ社製のSOLIDを使った新しい開発スタイルをご紹介します。
「かしこく開発、スマートにデバッグ」、「ITRON以上、Linux未満の開発プラットフォーム」
エンジニアが開発作業を楽しむ、それを実習を通して体験していただきます。
デバッガベンダーとして多くのお客様の開発現場に接してきた京都マイクロコンピュータ様を中心に、お客様の課題解決をお手伝いいたします。ぜひご参加を!

カリキュラム

(1)RZ/A1H概要説明

(2)評価ボード説明、オプションボード紹介

(3)SOLID概要説明

  • SOLID全体概要
  • RTOS解説
  • コンパイラ/IDE解説
  • デバッグ機能解説(自動バグ検出機能含む)

(4)組み込みコントローラ用USB説明

  • USBの採用動向の最新トレンド紹介
  • SOLID USBドライバ概要説明

(5)SOLIDハンズオン

  • Visual Studio、エディタ、静的解析機能の操作
  • ビルド、ローディング操作、メモリマッピング確認
  • 実行、アドレスサニタイザ、RTOSモニタ確認
  • USB 操作

  ※カリキュラムは予告なく変更されることがあります。

演習環境


お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2017年 08月30日(水)
2017年 09月21日(木)

Contact