1. Home
    2. Key Technology
    3. コネクティビティ (有線)
    4. USB
    5. USB仕様概要
    6. USB2.0の仕様概要

Split Transaction

概要

480MbpsのBus動作を実現するためには電気的な仕様の変更が、USB1.xとの互換性を維持しながら必要になります。 また、12/1.5Mbpsの転送と480Mbpsの転送が混在できるようにするために、プロトコルの変更が必要になります。また、USB1.xで目立つようになってきた問題点も改善されます。

USB2.0ではUSB1.xとの上位互換を維持して、480Mbpsの通信を実現できるようにしています。
ホストのポートにfull/low-Speedのデバイスを接続する場合には、そのポート自身が12Mbps/1.5Mbpsで動作し、high-Speedのデバイスを接続する場合には、480Mbpsで動作します。この場合は特別な処理なしにhigh-Speed capable デバイスとfull/low-Speed デバイスを混在できます。しかしながら、USB2.0 Hubの下にfull/low-Speed デバイスを接続した場合、USB2.0Hubは少なくともupstream側の480Mbpsのパケットをdownstream側のfull-Speedの12Mbpsかlow-Speedの1.5Mbpsのパケットかdownstream側のfull-Speedの12Mbpsかlow-Speedの1.5Mbpsのパケットをupstream側の480Mbpsのパケットに変換する機能が必要です。USB1.x装置のプロトコルは変更できませんから、この状態ではupstream側が480Mbpsになっても、応答までの時間は改善されませんから、バスに占めるfull/low-Speed デバイスの時間は同じとなり、480Mbpsのレートを効率的に利用できないことになります。

これを改善するために、USB2.0ではsplit transactionと呼ばれる新たな転送を規定しています。split transactionはホストとUSB2.0のHUBの間でだけ利用される転送方法で、USB2.0 HUB以外のファンクションでは使用されません。split tranctionでは転送開始を示すstart-splitとホストに転送結果を伝えるcomplete-splitの二つのtransactionから構成されます。これによって、ホスト側ではfull-/low-Speedの応答を待つ必要がなく、USB2.0のバンド幅を効率的に使用することができます。

 

カタログポータル

Contact