1. Home
    2. Automotive
    3. 車載用LSI

R-Car V3H

概要

R-Car V3HはADASおよび自動運転向けRenesas autonomy™プラットフォームの新しいシステムオンチップ(SoC)であり、レベル3以上をサポートします。Renesas autonomy™プラットフォームの異種IP概念に従い、高性能コンピュータビジョンを低消費電力で実現可能にし、最新のアルゴリズムを実装するための柔軟性を提供します(注2)。新しいR-Car V3H SoCはステレオフロントカメラ・アプリケーションに最適化されており、既存製品(R-Car V3M SoC)に比較して5倍の高性能コンピュータビジョンを実現します。R-Car V3H SoCはコンピュータビジョン処理のためのアーキテクチャ最適化に焦点を置いています。車線維持、交通標識認識機能、緊急ブレーキなどNCAPの機能から、完全自動運転まで、全ての適切なADAS機能を可能にします。


注1:NCAP (New Car Assessment Program):世界各国で行われている自動車の安全性を評価するテストであり、最近はADAS、特に自動ブレーキのアセスメントテストが盛り込まれている。

特長

  1. V3M SoCに比較して5倍の高性能
  2. 高密度オプティカルフロー、ステレオディスパリティ(立体視差)、オブジェクト分類など重要なアルゴリズムのための低消費電力ハードウェアアクセラレータ
  3. ディープラーニング(深層学習)を加速するCNN専用IP
  4. カメラのセンサからの信号を画像生成・認識処理用に変換するデュアル画像信号プロセッサ(ISP)
  5. エコシステムパートナとの連携で効率的な開発を可能とするオープンな開発環境

R-Car V3Hはステレオフロントカメラに優れた性能を提供します

システムブロック図

R-Car V3H仕様

  • 1.0GHz Arm® Cortex®-A53 MPCore™コアを4つ搭載
  • デュアルロックステップ800MHz Arm® Cortex®-R7コアを搭載
  • LPDDR4-3200メモリコントローラ:32ビット×1ch
  • 画像認識エンジン(IMP-X5-V3H)
  • CNN、高密度オプティカルフロー、ステレオディスパリティ(立体視差)やオブジェクト分類専用のハードウェアアクセラレータ
  • デュアル画像信号プロセッサ(ISP)
  • ビデオ出力(レーン4つ×LVDS 1ch、デジタル1ch)
  • ビデオ入力(レーン4つ×MIPI-CSI2 2ch、デジタル2ch)
  • ギガビットイーサネット、AVBイーサネット
  • PCI Expressインターフェース

 

カタログポータル

Contact