1. Home
    2. Automotive
    3. 車載用LSI

R-Car D1

概要

近年、インスツルメント・クラスタ・システムへのカラー液晶パネルの普及に伴い、小型車・中級車の多くの車両にも、ゲージ制御とグラフィックス表示が併用されるようになりました。すでに高級車では、視認性・快適性を追求してゲージレス化が進み、大型・高解像度パネルに3Dグラフィックスを活用した、美しく見やすい表現が車の個性のひとつとなっています。今後は、普及車においても、グラフィックス表示の大型化、高解像度化が進展し、高級車と同様の3Dグラフィックスを使用したクラスタ・システムが増えていくことが予想されます。
このシステムが普及するためには、3Dグラフィックスを駆使したリッチでリアリティのある画像表示を実現できること、アクセサリの起動と同時に高速にクラスタの画面表示ができること、計器類の正確な情報をドライバへ伝え続けるため外部からシステムへの不正アクセスを防止できる高信頼性を実現できること、様々な車載電子機器と通信性能を充実させることが課題となります。
ルネサスは、こうした課題を解決するために、3Dグラフィックス・クラスタに特化した車載用SoC「R-Car D1」をラインアップ。機能と性能に加え、170社を超えるR-Carコンソーシアムのエコシステムを活用でき、3Dグラフィックス・クラスタ・システムを、短期間に開発することができます。

特長

  1. パートナとの連携により、3Dグラフィックス・クラスタ・システムを容易に開発可能
  2. インスツルメント・クラスタ・システムに実用可能な高速起動を実現、メータ画面の高速表示や音声出力に対応するソリューションを提供可能
  3. 機能安全・セキュリティ・ソリューションの提供でドライバの安全を守り、車のハッキングを防止可能
  4. ナビゲーションシステムとつなぐEthernet AVB、スマートフォンと連携するUSBや、車両情報機器をつなぐCAN FDなどの多数の通信に対応。システムの柔軟性に優れ、設計も容易
  5. 2Dグラフィックスクラスタ向け「RH850/D1x」の開発資産の活用が可能
  6. ゲージ制御が必要な場合は、「R-Car D1」と「RH850/D1L」を組み合わせてシステムを実現

ブロック図

R-Car D1

製品仕様

項 目R-Car D1 仕様
製品名
R-Car D1
型名R7S7210
42 43 46 47 62 63 66 67
電源電圧3.3/1.8 V(IO), 1.35 V(DDR3L), 1.0 V(core)
CPUコアARM®Cortex®-A7 Single core*1
最大動作周波数:660 MHz
ARM®Cortex®-A7 Dual core*1
最大動作周波数:780 MHz
キャッシュ
メモリ
L1命令キャッシュ:32Kバイト
L1データキャッシュ:32Kバイト
L2キャッシュ:512Kバイト
外部メモリ
DDR3L
DDR専用バスにDDR3L-SDRAMを接続可能
データバス幅: 32ビット × 1チャネル
最大動作周波数: 1066MHz最大動作周波数: 1333MHz
外部メモリ拡張
  • NAND フラッシュメモリ インタフェース
  • シリアルフラッシュメモリ インタフェース
2D グラフィクスGPU2D render core
最大動作周波数:260 MHz最大動作周波数:330 MHz
3D グラフィクスImagination Technologies PowerVR® SGX540 core *2
最大動作周波数:260 MHz最大動作周波数:330 MHz
ビデオ機能
  • ビデオ表示インタフェースx 2チャネル (LVTTL)
    最大表示画面サイズ:4096 x 2048
  • RSDS出力インタフェース x 1チャネル (LVTTLと兼用)
-RS
DS
-RS
DS
-RS
DS
-RS
DS
  • LVDS出力インタフェース x1 チャネル
  • ビデオ入力インタフェースx 2チャネル (LVTTL)
    最大入力画面サイズ:2048 x 2048
  • MIPI CSI-2 入力インタフェース x 1チャネル
  • LCDパネル用タイミングコントローラ
  • ビデオデコードプロセッサ (H.264/MPEG4-AVC、JPEG)
ビデオ出力
チェック機能
  • ビデオ出力チェッカ (VOCA) x 2チャネル
  • ビデオ出力CRCチェッカ (DISCOM) x 4 チャネル
オーディオ機能
  • シリアルサウンドインターフェース x 2チャネル
  • CM-PWMコンバータ
ストレージ
インタフェース
  • USB 2.0 ホスト/ファンクション (High-Speed/Full-Speed)
  • マルチメディアカードインタフェース x 1チャネル
車載
インタフェース
  • メディアローカルバス(MLB)インタフェース x 1チャネル(3線式)
  • コントローラエリアネットワークインタフェース× 3チャネル
yesyesyesyesyesyesyesyes
CAN FD対応 CAN FD対応
  • Ethernet AVB 1.0対応MAC内蔵
    転送速度:100Mbps
    インタフェース:IEEE802.3 standard MII
  • Ethernet AVB (802.1BA)
    ・ IEEE802.1BA
    ・ IEEE802.1AS
    ・ IEEE802.1Qav
    ・ IEEE1722
その他周辺機能
  • SYS-DMAC x 30チャネル
  • ウォッチドッグタイマ(RWDT) x 1チャネル
  • 16bitタイマ x 16チャネル
  • 32bitタイマ x 17チャネル
  • I2C バスインタフェース× 2チャネル
  • クロック同期シリアルインタフェース(MSIOF) x 7チャネル(SPI/IISサポート)
  • 非同期高速シリアルコミュニケーションインタフェース(HSCIF) x 2チャネル
  • 非同期/同期シリアルコミュニケーションインタフェース(SCIF)x 4 チャネル
パッケージ543 ピン FCBGA 1mmピッチ (27mm x 27mm)

*1 ARM、Cortexは、ARM Limitedの登録商標または商標です。
*2 PowerVRは、Imagination Technologies Limitedの登録商標または商標です。
*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する登録商標または商標です。

 

カタログポータル

Contact