1. Home
    2. ルネサスのイチオシ
    3. バーチャル展示会
    4. Renesas DevCon Japan 2017

DEVCON2017

RH850ファミリを始めとする各種ルネサス・マイコン向けに最適化されたVirtualizer Development Kit(VDK)を提供

日本シノプシス合同会社

RH850仮想マイコンモデルは全てのIOポートにSimulinkならびにSaberとの通信機能を備えています。
このため、ユーザーはSimulinkのプラント・モデルやSaberのアナログ回路と自由に接続することができ、仮想マイコンモデルを仮想ECUやプラントも含めた仮想HILシステムへと容易に拡張することができます。
本デモでは、まず最初にSaberのトランスミッション・モデルと仮想マイコンを結合し、トランスミッションから出力される回転数の情報をSWが取得し、SWが計算したギア数の情報をトランスミッションへと送信する様子をご覧いただきます。
RH580仮想マイコンモデルは実機では困難な故障状況を自由に発生させることができ、マイコン内部のどのレジスタや信号に対しても故障状況を起こすことが可能です。この機能はISO26262に規定されるような故障状況下でのテストに必要となります。
本デモでは、トランスミッション・モデルとの連動動作中に回転数情報に故障をきたし、システム動作に不整合が発生する様子をお見せします。このような状況をシミュレーションで実現することにより、実際に故障が起きたときにシステムが持つ機能安全が働くか、特定の故障が想定外のシステム動作につながらないかを検証することが可能となります。

Contact