1. Home
    2. ルネサスのイチオシ
    3. かんたん設計ノウハウ
RZ/Gプラットフォーム導入支援サイト

組み込みLinux未経験でも簡単に開発を始められます
- RZ/Gプラットフォーム導入支援サイト -

近年、産業分野の組み込み機器の高度化に伴い、
ネットワーク対応・マルチメディア対応・セキュリティ対応など、
開発者の対応しなければならない範囲が急速に拡大しています。

これにともなう開発期間の増加や、システムの開発・保守費用を含めた
トータルコストの増加が大きな問題となってきています。

ルネサスはこの問題をRZ/G Linuxプラットフォームで解決します。

RZ/G Linuxプラットフォームの始め方

Step1~4 で動作保証された組み込みLinuxの開発を始めることができます。

Step1.   開発環境のユーザ登録


こちらからクラウド開発環境のユーザ登録申請をしましょう。
お名前やメールアドレスなどの情報を入力していただくと、
ログインに必要な情報をメールにてお送りします

開発環境のユーザ登録

※ クラウド開発環境は近日公開予定です。
公開のご案内をご希望の方はフォームよりご登録ください。

Step2.   評価キットを入手


RZ/G Linuxプラットフォームに対応した評価キットをご用意ください。対応キットは今後も増えていく予定です。
対応キットであれば、動作検証済みの「Linuxパッケージ」を利用した開発をすぐに進めることができます。

RZ/G1H-PF
アイウェーブ製 開発キット

RZ/G1H-PF アイウェーブ製 開発キット

RZ/G1N-PF
アイウェーブ製 開発キット

RZ/G1N-PF アイウェーブ製 開発キット

RZ/G1M-PF
アイウェーブ製 開発キット

RZ/G1M-PF アイウェーブ製 開発キット

RZ/G1E-PF
アイウェーブ製 開発キット

RZ/G1E-PF アイウェーブ製 開発キット

CHECK!
開発キットの詳細は下記Webサイトから確認いただけます。

アイウェーブ・ジャパン

ご購入については、弊社の担当特約店か、
アイウェーブ・ジャパン株式会社にお問合せください。

Step3.   開発ツールのインストール


開発には、下記リストのツールのインストールが必要です。
ユーザーズマニュアルを見ながら、入手・インストールをしましょう。

ツール 備考
e2 studio PC上で動作する統合開発環境
e2 studio plug in クラウド開発環境を利用するためのPlug-in
Visual C++ 再頒布可能パッケージ ランタイム コンポーネント

Step4.   評価キットの接続・アプリケーション開発


ユーザアプリケーション追加・評価キットの接続手順は以下の通りです。
たったこれだけで、モニターに(またはHDMI出力で)Linux動作画面が表示され、独自のアプリケーションも追加することができます。
詳しい手順はビルドツール ユーザーズマニュアルをご確認ください。

e2 studioで[組み込みLinuxプロジェクト]を作成

ユーザアプリケーションを追加

ビルド(自動的にクラウド開発環境でビルド)

イメージファイルをSDカードに書き込み

SDカードを評価キットに差し込む

コントロール用のケーブルを接続し、評価キットの電源投入

関連ページ

自力解決ノウハウ
開発環境
ユーザフォーラム
  • コミュニティ [マーケットプレイス]
ルネサスへのコンタクト
Contact