1. Home
    2. 開発環境
    3. 開発ツール

統合開発環境の移行方法


 

各統合開発環境の機能/操作の違い

機能・設定

概要

PM+

HEW

CS+

e² studio

プロジェクト管理

ファイルや設定等の一括管理

マイコンの変更

プロジェクト作成後のマイコン変更

ラピットビルド

ビルドの高速化

-

-

ビルドカスタマイズ

ビルド時のメイク規則の設定

-

(Note1)

コールグラフ

関数のコールグラフ表示

-

関数の表形式表示

関数アドレス、参照等を一覧表示

-

-

変数の表形式表示

変数アドレス、属性等を一覧表示

-

-

イベント詳細設定

デバッグ時のイベント設定

イベント条件追従

ソース変更後のイベント条件追従

デバッグセッション

エミュレータやダウンロード設定の複数管理

-

(Note2)

アクションイベント

特定箇所実行時の値・コメント表示

(Note3)

(Note3)

(Note3)

(Note3)

各種設定

ビルドオプション、デバッグの設定

パック機能

使用ツールの保存、復元

-

-

-

アップデート機能

バージョンの自動アップデートチェック

-

コマンドライン

コマンドでIDE操作を行う機能

-

✔: サポートもしくは同等機能をサポート、 △:サポートしているが相対的に劣る、 -: 未サポート
HEW: High-performance Embedded Workshop

 

Note

  1. CS+ではビルド、コンパイル、アセンブルなどの前後にコマンドの指定のみ可能。
  2. CS+では、セッションの概念はなく、デバッグ・ツール1つに対して1つの設定が可能。ダウンロードファイルは複数設定可能。デバッグツールプロパティで設定。
  3. PM+/High-performance Embedded Workshop/e² studioでは同等機能をprintfで可能だが(ただしPM+はシミュレータ上のみ、 e² studioでは仮想コンソール上のみ)、CS+では出力コードに影響がなく変数値やコメント出力が可能。

 

Menu
Contact