1. Home
    2. 開発環境
    3. ボード&キット

RZ/A1LU AVBボード(RTK772103FC00000BR)

RZ/A1LU AVBボードは、ルネサス エレクトロニクス製RZ/A1LU「R7S72103」およびEthernet AVB インタフェースを接続するためのコネクタを搭載しており、RZ/A1LUを用いたEthernet AVBアプリケーションソフトウェアの開発・評価を行うためのボードです。

 

Ethernet AVBの対向通信を手軽に評価していただくために必要となる、RZ/A1LU AVBボードを含むハードウェアとソフトウェアを1つにまとめた「Ze-PRO AVB 評価キット」が図研エルミック社より提供されています。

詳しくは、以下をご参照ください。

 

 

 

外観図

部品配置図 C面

 

部品配置図 S面

製品情報

製品名

発注型名

実装メモリ

RZ/A1LU AVBボード

RTK772103FC00000BR

  • ・SDRAM:64M バイト×2 個(16 ビットバス接続)
  • ・シリアルフラッシュメモリ:64M バイト×2 個

 

 

特長

  • ブートメモリとしてシリアルフラッシュメモリ、SD コントローラ内蔵NAND フラッシュメモリ、およびMMC コントローラ内蔵NAND フラッシュメモリのいずれかを選択することが可能です。
  • R7S72103 周辺機能インタフェースとして、シリアルポート(USB Micro-B)コネクタ、USB コネクタ、LAN コネクタ、CAN コネクタ、microSD カードスロット、MMC スロット、およびキー入力スイッチを標準搭載しています。
  • オーディオCODEC、およびオーディオDAC を標準搭載しており、オーディオシステムの先行開発が可能です。
  • USB コネクタは、USB ホストモジュール評価用にシリーズA レセプタクルを標準搭載しています。また、USB ファンクションモジュール評価用にMini-B レセプタクルを実装可能な基板パターンになっています。
  • LAN コネクタを標準搭載しており、Ethernet を使用したソフトウェアの開発や評価が可能です。
  • デジタル映像信号入力機能評価用に汎用MIL コネクタを搭載しています(20 ピン×1 個)。
  • Aptina 製CMOS カメラ(MT9V024IA7XTCD ES)接続用に26 ピンMIL コネクタを搭載しています。
  • R7S72103 ユーザデバッグインタフェースとの接続用に、Arm JTAG 20 およびCoreSight 20 コネクタを実装しています。

 

仕様

項目

仕様

CPU

R7S72103

• 入力(XIN)クロック:13.33MHz

• CPU クロック(Iφ):最大400MHz

• 内部バスクロック(Bφ):最大133.33MHz

• 外部バスクロック(CKIO):最大66.67MHz

• 周辺クロック 1(P1φ):最大66.67MHz

• 周辺クロック 0(P0φ):最大33.33MHz

• 内蔵メモリ:

‐内蔵RAM:3M バイト

‐命令キャッシュ:32K バイト

‐データキャッシュ:32K バイト

• 電源電圧:

‐内部:1.10V~1.26V

‐I/O:3.0V~3.6V

• 208 ピンQFP 0.5mm ピッチ

メモリ

• SDRAM:64M バイト×1 個

‐ISSI 製IS42S16320F

• シリアルフラッシュメモリ:64M バイト×2 個

‐Macronix 製MX25L51245G

コネクタ

• USB シリーズA レセプタクル:2 個(Mini-B レセプタクルに変更可能)

• LAN コネクタ(RJ-45):1 個

• Ethernet AVB 用コネクタ(QTH-030-02-L-D-A):1 個

• オーディオ用ミニジャック(φ3.5):3 個

• microSD カードスロット:1 個

• MMC スロット:1 個

• CMOS カメラコネクタ:1 個

• デジタル映像信号入力コネクタ:1 個

• CAN ポートコネクタ(3 ピン、ピンヘッダ):2 個

• シリアルポートコネクタ(USB Micro-B):1 個

• ユーザデバッグインタフェース(UDI)コネクタ(Arm JTAG 20、CoreSight 20):各1 個

• DC 電源ジャック:1 個

• GND コネクタ:1 個

LED

• 電源 LED:1 個

• ユーザ LED:1 個(Dual LED)

スイッチ

• リセットスイッチ:1 個

• ユーザスイッチ:2 個(NMI、IRQ2)

• ディップスイッチ:3 個(システム設定、ユーザインタフェース、Ethernet PHY 設定)

 

 

ブロック図

注意事項

この製品には開発ツールは付属しておりません。本ボードのご利用にあたっては、別途以下の開発ツールを事前にご準備ください。

- 開発統合環境
- コンパイラ
- インサーキットエミュレータ
(詳細はエコシステムをご覧ください。)

 

ユーザーズマニュアル

こちらをご覧ください。

 

ボード設計データ

詳細はダウンロードよりご参照ください。(ダウンロードタブへ

お客様の開発をサポートする様々な情報をご用意しております。

 

開発ツール サポート情報

タイトル 概要
My Renesas

MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などの

ダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。

セミナー マイコン学習のための情報が掲載されています。
FAQ よくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
ツールニュース ツールのリリース情報、注意事項などが掲載されています。
動作環境 ツール製品の最新バージョンの動作環境をご案内しています。
ツール製品RoHS指令対応 ツール製品のRoHS指令対応の情報をご紹介しています。
ツール製品の修理 ツール製品の修理対象製品、修理依頼方法をご紹介しています。
旧製品/保守製品 すでに新規供給を終了しているルネサス開発環境製品の一覧が掲載されています。

上記downloadには必ず下のボタンより契約内容を御確認ください。

MyRenesasボタンよりID,PWをご入力ください。

Menu
Contact