1. Home
    2. メモリ

QDRII/DDRII/ QDRII+/DDRII+ SRAM

インターネットなどの普及に伴い通信機器の伝送速度が高速化してきており、基幹幹線の通信速度は100Gビット/秒を超える勢いになってきています。QDR SRAMやDDR SRAMは、このような高速通信機器であるハイエンドルータやスイッチで、データの宛先や不正データのチェックを行うためなどに使われます。

DDR(Double Data Rate) SRAMはプロセッサやコントローラからのアドレス信号や制御信号を、システムクロックに同期してSRAM内部に取り込むと共に、データ信号をシステムク ロックとその反転クロックの両方に同期して書き込むまたは読み出すDDR方式を採用しており、従来のシンクロナスSRAMに比べ2倍の転送レートを実現できます。

QDR(Quad Data Rate) SRAMでは、DDR方式を採用し、さらに入出力ピンをそれぞれ分離しているため、書き込み、読み出し動作を同時に行うことが可能です。これにより従来のシンクロナスSRAMと比べて4倍の転送レートが実現できます。

応用:

  • ネットワーク通信用スイッチ/ルータ
  • 基地局
  • ストレージ
  • その他ネットワーク機器

 

シミュレーションモデル:

Tool Download Searchから、IBIS model, BSDL modelをお探しいただけます。

 

お客様の開発をサポートする様々な情報をご用意しております。
当製品のテクニカルアップデート/データシートなどドキュメントはこちら

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー 当製品のセミナーや、学習のための情報が掲載されています。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
Video 当製品に関するVideoコンテンツをご覧いただけます。
Contact