概要

各アプリケーション開発工数を最小化する、ルネサスのソリューション・ツール

QE(Quick and Effective tool solution) は、これまでの開発環境ツールから一歩踏み込んだ、各種アプリケーション対応開発支援ツールです。「開発環境の使い方は分かったけれど、実際にこのアプリケー ションを組み込んでも動かない! どうしたらいいの? 」という経験はないですか? ルネサスでは、従来の一般的なデバッグ機能を持つ統合開発環境に、各アプリケーションに対応した開発ノウハウ(機能)をプラスしました。各アプリケーションの組込み開発でお悩みの方は、この新しい開発ツールをお使いください。

Learn More

トピックス

  • QE for Capacitive Touch V3.1.0リリース。
    • CTSU2SLタッチIPを新たにサポートしました。
      CTSU2SLタッチIPが搭載されているRX140グループのROMサイズ128KB & 256KB版が利用可能となります。
    • 特定のデバイスで発生していたジェスチャ登録を開始できない不具合を改善しました。
    詳細: QE for Capacitive Touch V3.1.0 リリースノート (PDF | English, 日本語)

 

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF1.68 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF1.49 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF1.92 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF2.06 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF963 KBEnglish
アプリケーションノート
PDF4.25 MB
カタログ
PDF2.49 MB
クイックスタートガイド
PDF31 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF316 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF194 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF186 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF219 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF171 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF362 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF157 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF203 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF104 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF153 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF106 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF437 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF290 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF157 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF864 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF1.12 MBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF735 KBEnglish
ツールニュース-リリース
 

ビデオ&トレーニング

アナログ・フロント・エンド開発支援ツール QE for AFEのご紹介

アナログ評価用のソフトウェア開発や外付けの測定機器無しで、簡単にMCU内蔵アナログ・フロント・エンド(AFE)回路のチューニング&評価を実現できます。

追加詳細

製品展開

機能 QE 対応ファミリ (Note1) 対応統合開発環境 内容
モータ QE for Motor RA e² studio モータ用ソフトウェア開発支援ツール。
ワークフローに従って操作するだけで容易にモータ用ソフトウェア開発が可能。
通信 USB QE for USB RL78, RX e² studio USBシステム開発の初期段階のトラブル解決を支援
BLE QE for BLE RA, RL78, RX, RE e² studio Bluetooth® low energy開発に対応した開発支援ツール。通信機能を試用可能。
TCP/IP QE for TCP/IP RX e² studio TCP/IPに起因する通信の問題確認支援ツール。通信機能を試用可能。(Renesas製RXファミリ用TCP/IPプロトコルスタックM3S-T4-Tiny用)
SCI QE for UART RX e² studio UART通信の初期設定や通信処理のデバッグを支援
CAN ネットワーク検証ソリューション RH850 CS+ 通信相手の周辺機能がなくてもCAN通信のデバッグを実現、早期にネットワークのデバッグが可能。
CAN通信時間計測ソリューション RH850 CS+ CAN通信の応答時間(受信後の処理プログラム開始まで)を測定
グラフィックス LCD QE for Display RZ, RX, RA e² studio ディスプレイのタイミング調整や画質調整を支援。(Renesas製ディスプレイコントローラ用)
Camera QE for Camera RZ e² studio カメラ接続の初期調整およびカメラモジュールの設定を支援。(Renesas製ディスプレイコントローラ用)
センサ Touch QE for Capacitive Touch RA, RL78, RX, Renesas SynergyTM CS+/e² studio タッチセンサのインタフェース構成の作成やチューニング、モニタリングを支援
  QE for AFE RA e² studio アナログフロントエンド(AFE)内蔵マイコン向けに高精度なセンシングを行う組み込みシステム開発を支援。
その他 QE for Current Consumption RL78, RX CS+/e² studio システム全体の消費電流計測が可能。消費電流チューニングの作業期間短縮に貢献。
故障注入検証ソリューション RH850 CS+ システム上で発生させることが困難な状態を作り出すことができ、効果的な異常検出時のデバッグが可能。
安全性検証ソリューション RL78, RX, RH850 CS+ 変数がどの関数からアクセス(読み込み/書き込み)しているか一覧表示可能(RH850, RX, RL78)。特定の区間(指定した関数の間)に書き込んだ変数を検出してエラーとして表示可能(RH850)。
QE for Battery Management 電池管理IC CS+ 電池管理に必要な各種パラメータを変更可能。

Note

  1. 対応デバイスの詳細は、各製品ページをご参照ください。

動画

#QE01 [イントロダクション編] 各種アプリ対応開発支援ツール QEシリーズ