このソリューションはリモート産業プロセスの監視に使用される自立した持続可能なシステムです。 放散熱は電気エネルギーにリサイクルして、処理データの監視と送信に使用する電子システムに電力を供給することができます。

このシステムのメリット:

  • 配線が不要な自立した持続可能なプロセス監視システム。
  • MCU内蔵のエネルギー・ハーベスティング(環境発電)制御回路によって超低消費電力を確保。
  • 熱電発電装置(TEG)によって発電されるシステム。
  • エネルギー・ハーベスティング(環境発電)が稼働していないときのための、バッテリとスーパーコンデンサを通したバックアップ用エネルギー。
  • メッシュネットワークのサポート付きのオンボード長距離通信(LoRa)トランスミッタは、超低消費電力で広範囲の送信を確実にします。
  • LoRaを介したセンサとデータ送信のインターリーブ動作を活用し、システム内の電力のバランスを取る様に、最適化されたシステムアーキテクチャ。

ターゲット・アプリケーション:

  • 電力が使用できず、システムへのアクセスが容易でない場合のリモート産業プロセス監視。
  • 予知保全
  • 流量、温度、ガス、湿度の監視
画像
Remote Industrial Process Monitoring System