RZ/G2ERZ/G2Mを用いたヒューマンマシンインタフェースソリューションは、ユーザインタフェースの表現力の向上やビデオセンシングの新しい価値を創造し、複数の動画処理、3Dグラフィックス、多様な高速I/F に対応するシステムの評価、開発に活用することができます。

構成

  • RZ /G2E及びRZ/G2M評価ボードは検証済みのLinuxパッケージ(VLP)に対応。
  • VLPは10年以上の長期サポートを実現する産業グレードとしてLinux(CIP :Civil Infrastructure Platform)を採用
  • 評価ボードで検証済みのミドルウェアをワンパッケージ化。安定した動作環境でアプリケーションの開発が可能

アプリケーション

  • HVAC、Fire & Safety、Building Security、Lighting の各システム のHMI 部に使用できます。
画像
RZ/G2E Evaluation Board:EK874
RZ/G2E評価ボード:EK874
画像
RZ/G2M Evaluation Board:HiHope RZ/G2M 96board
RZ/G2M評価ボード:HiHope RZ/G2M 96board

検証済Linuxパッケージ (VLP: Verified Linux Package)

画像
検証済みLinuxパッケージ(VLP : Verified Linux Package)
 

VLPをはじめとするRZ/GのLinuxソリューションはRZ/G Linuxプラットフォームを参照

ニュース&各種リソース