概要

自動検針 (AMR) 能力の需要の拡大と、タンパ―防止に対する要求は、リモートデータ取得・処理メカニズムを備えた電子メータの開発を加速しています。 ここに言及されるメータは「スマートメータ」と呼ばれ、AMR機能を持たないメータは、「電子式メータ」と呼ばれます。

価格に対する優位性は、特にコスト競争力の要件に関しては、スマートメータに比べ、「消費電力」と「費用効果」の 2 つの判断基準からより重要なものとなり、最終的な部品選択にも大きな影響を与えています。

このシステムのメリット

  • クラス B (1%)、16 ビット計測 MCU
  • 最大 500mA の出力電流が供給可能な単一出力の低ドロップアウト電圧レギュレータ (LDO)
  • 5V 電源 RS-485、バランスの取れた通信のための RS-485 規格を満たす単一トランシーバ
  • 光結合型アイソレータは、ガリウムヒ素 (GaAs) 発光ダイオードと NPN シリコンフォトトランジスタを搭載し、多 kΩ 高負荷抵抗で比較的高い切替速度を実現
画像
1-Phase Static Meter Diagram
画像
Lab on the Cloud

Lab on the Cloud

ルネサスのLab on the Cloud は、ルネサスの定評ある評価ボード、ウィニング・コンビネーション、ソフトウェアといったソリューションを、ユーザがオンラインでアクセスしてテストできるリモート開発環境です。

単相電子式メータ

このソリューションは、単相電力メータ機能 (IEC62053-22、クラス 0.5S) を提供しており、RL78/I1Cを使用しています。

Access the Lab