~AIによる顔や物体検出、画像処理機能を搭載するIoT機器機開発に最適~

2020年11月11日

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(CEO:柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、Smart Mobility ARChitecture(SMARC)ボード2.0仕様に基づく、System-on-Module (SoM)ボードのリファレンスデザインの提供を開始しました。本リファレンスデザインは、マイクロプロセッサ(MPU)RZ/G2グループやパワーIC、アナログICなど、ルネサスの10のICを含むウィニングコンビネーションのソリューションの一環です。本リファレンスデザインは、AIを活用したIoT機器、顔や物体検出、画像処理、監視カメラ、検査装置、産業オートメーション、ビルディングオートメーション、HMIおよび4Kビデオ再生アプリケーションなどの組み込みビジョンシステムの開発期間の短縮に貢献します。

 本リファレンスデザインは、基板サイズ82mm x 80mmのSMARC 2.0モジュール仕様に基づいています。メインプロセッサは、ルネサスの64ビットMPUであるRZ/G2グループの3種類から選択可能です。1.5 GHzで動作するArm® Cortex®-A57コアを2個搭載したミッドレンジのRZ/G2N、Arm Cortex-A57コア2個と1.2GHzで動作するArm Cortex-A53を4個搭載したハイエンドのRZ/G2M、Arm Cortex-A57コア4個とCortex-A53コアを4個搭載した超ハイエンドのRZ/G2Hを用意しています。これらの、2コアから8コアを搭載した3つのRZ/G2すべてにおいて、3Dグラフィックスエンジンに600MHz動作のPowerVR、4K UHDビデオのH.265およびH.264コーデックが搭載されています。

 ルネサスのシステム&ソリューションチームのDirectorであるDK Singhは、次のように述べています。「組み込みビジョンシステムでは、AIと映像処理がうまく融合しています。SMARC 2.0モジュールのウィニングコンビネーション・リファレンスデザインには、RZ/G2グループの複数のMPUを提案しており、お客様のリスクを軽減しながら市場投入までの時間を短縮するプラットフォームとなります。豊富なオンボードインタフース、大容量メモリ、さまざまなニーズに対応したプログラマブルクロックを備えており、幅広いアプリケーションに対応する優れたターンキーソリューションです。3Dグラフィックスエンジンと4K UHDおよびフルHDビデオコーデックも搭載しているため、RZ/G2は他の64ビットMPUやGPUより高いコストパフォーマンスを提供します。」

 今回リファレンスデザインを提供するSMARC SoMボードは、最大35.6K DMIPS性能を持つRZ/G2 MPUに加え、2GB~4GBのLPDDR4 RAMメモリ、32GB eMMC(embedded Multi Media Card)を搭載しています。メインMPUであるRZ/G2は、エッジでのビデオ解析やAIフレームワークを実行することができます。RZ/G2のハードウェアとして、各種インタフェース、内部および外部メモリの誤り検出・訂正(ECC)機能を搭載しています。また、ソフトウェアとして、オープンソースAIフレームワーク、ルネサスが動作検証済みのパッケージソフトVerified Linux Package(VLP)に対応しており、The Linux FoundationのCIP(Civil Infrastructure Platform)が提供する64ビットCPU用SLTS(Super Long Term Support)Linux Kernelを適用しています。SMARC SoMリファレンスデザインは、最適化された電源回路とプログラマブルなタイミングツリーを提供し、RZ/G2 MPUの多様なアプリケーションを支援します。

SMARC 2.0 SoMボードの主な機能

  • ワイヤレス通信用のデュアルバンドWi-FiおよびBluetooth® Low Energyをサポート
  • SMARC 2.0コネクタを介して、USB、SATA、LVDS、HDMI、CSI、I2S、PCIe、ギガビットイーサネットなどの高速通信インタフェースに容易にアクセス可能
  • QSPIまたはeMMCメモリからの高速起動
  • 小型400nAバッテリ、あるいは停電時にはスーパーキャパシタによって給電されるカレンダベースのアプリケーション用ISL1208低電力リアルタイムクロック
  • 複数の電源レールに電力を供給するためのパワーマネージメントIC(PMIC)P8330を搭載
  • ルネサスの小型フォームファクタVersaClock® 3Sプログラマブルクロック(32.768kHz DCO内蔵)が提供する2つのクロック・ソースは、停電時にコイン電池1本で動作可能
  • PCIeクロックは、6つの100MHz差動クロック出力(PCIe Gen1-4対応)をサポートするルネサスの9FGV0641が生成
  • 2台の外部カメラと静電容量式タッチLCDパネルに容易に接続可能

本SMARC SoMボードは、RelySys Technologies社とのコラボレーションにより、ルネサスが設計・開発したものです。

本ボードのリファレンスデザインの設計ファイルの詳細は、こちらをご覧ください。
Scalable HMI SMARC SoM with AI Winning Combination Solution

本ボードは、「RENESAS RZ/G2 SMARC 2.0 SoM Module」として、RelySys Technologies社からの購入も可能です。詳しくはこちらをご覧ください。www.relysystech.com/rzg2-smarc-som-module

ルネサスのウィニングコンビネーションについて

アナログ+パワー+組み込みプロセッサなど、ルネサスの補完的な製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される包括的なソリューションです。弊社の製品エキスパートは、ユーザの設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせとして「ウィニングコンビネーション」を開発しました。産業、インフラ、車載機器等の業界を中心に、世界中のユーザおよびパートナ様向けに、最適なポートフォリオのコンビネーションを提供します。200以上のウィニングコンビネーションはこちらからご覧いただけます。www.renesas.com/WIN

以 上

*Bluetoothは、米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。

*Versaclockはルネサスエレクトロニクスの商標です。

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。