R-Car E3とクロックジェネレータのコンビネーションにより、大型パネルのフルグラフィックス クラスター ソリューションや、多様なインターフェース規格を兼ね備えたエントリーモデル向け統合コクピット ソリューションに最適な性能、機能を実現します。リファレンスボードを使用すると、R-Car E3 SoCの評価が容易になり、ハード&ソフト開発を加速できます。

特長

  • R-Car E3は他のR-Car製品シリーズとの互換性を有しており、R-Carコンソーシアムの多くのパートナーによるサポートが開発負荷を低減
  • リファレンスボードは多様な周辺回路と標準インターフェースを搭載。
  • システム拡張性のために、独自に開発したカスタムボードと接続可能なボードtoボードコネクタを搭載
  • クロックジェネレータ (9FGV0841):8出力、車載アプリ用PCIe Gen1-4クロックを発生でき、一つのデバイスで複数の任意の周波数の水晶発振器を置き換えることが可能

アプリケーション

  • フルグラフィックスクラスター&コックピット ソリューション

printニュース&各種リソース