~「行動宣言」に賛同し、ジェンダー平等と女性活躍の取り組みを加速~

2021年4月23日

ルネサス エレクトロニクス株式会社(以下、ルネサス)の代表取締役社長兼CEOの柴田 英利は、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」(事務局:内閣府、以下、男性リーダーの会)に参加しました。男性リーダーの会は、女性活躍を推進するためには組織トップのコミットメントが重要と捉え、2014年に発足しました。様々な女性の意欲を高め、その持てる能力を最大限に発揮できるよう、男性リーダーが自ら取り組むことを表明する「行動宣言」を策定しています。ルネサスは、同行動宣言に沿い、全国各地の様々な業種の男性リーダーとのネットワークを深めながら、ジェンダー平等と女性活躍の取り組みを加速してまいります。

 

■「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」とは

ジェンダー平等と女性活躍を進めていくための「行動宣言」に沿って取り組みを進めるとともに、参加者同士によるネットワ―キングを構築し取組みや課題を共有し合うことで、企業等の取組を加速するための企業経営者等の集まりです。参加者が自らの想いや取組を内外へ主体的に発信することで、ジェンダー平等と女性活躍に向けた社会的な機運の醸成にも寄与します。

現在、企業経営者等や知事・市町村長の約260名が参加しています。詳細は、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」のウェブサイトをご参照ください。

 

■ルネサスの女性活躍推進策について

ルネサスは、あらゆる多様性(ダイバーシティ)や価値観を尊重し、互いに受容(インクルージョン)する職場環境の整備と企業風土の醸成に積極的に取り組んでいます。ダイバーシティの中でも、女性の活躍推進は特に強化を図っています。女性採用比率の拡大など、あらゆる職種における女性比率を高めており、職位においてもリーダーの女性を増やしています。さらには、Work from home(在宅勤務制度)などの働き方改革の充実、妊娠・出産・育児・介護に関する各種制度の整備など、女性が能力を十分に発揮できるような支援や環境づくりを実施しています。今後も、従業員の多様性を進め、より革新的な製品・ソリューションの創出を促進してまいります。詳細は、ルネサスのウェブサイト(ダイバーシティ&インクルージョン)をご参照ください。

以上

この記事をシェアする

この記事をシェアする