概要

このソーラーポンプシステムはソーラー発電(PV)パネル、電子モータコントローラ、ACモータを備えています。 電子モータコントローラはインバータ、最大電力点追従(MPPT)、可変周波数ドライブ(VFD)、通信モジュールで構成されています。 ソーラーパネルから発電された電力を使用し、電子機器コントローラカード(MPPTアルゴリズムとインバータドライブを使用)でAC誘導または永久磁石同期電動機(PMSM)のモータを稼働します。

このシステムのメリット:

  • MPPT機能によって、このソリューションは最大電力を得るために太陽光のレベルに応じてリアルタイムで出力周波数を調節します。 ダイナミックなVI MPPT方式の制御方法を採用することで、高速応答と安定した運転が可能になり(従来の方法よりも優れている)、アレー上で太陽光の強さが急激にに変化した際にウォーターハンマ(水撃現象)によるダメージを避けられます。
  • ソーラーポンプコントローラは太陽光からのエネルギーを利用するので、電池やスタータが不要で、非常に費用対効果の高いものです。
  • ソーラーポンプコントローラは温室効果ガス排出量をゼロにします。
  • ディーゼルポンプと比較して運用コストを削減します。

ターゲット・アプリケーション:

  • 農業用水中ポンプ
  • 家庭用表面ポンプ
画像
Solar Irrigation Pump Controller