適切な電源ソリューションとタイミングソリューションは人工知能(AI)アクセラレータカードにとって非常に重要です。 一般的に電流は50A以上、コア電源は1V未満で、マルチフェーズ電源に最適です。 AIアクセラレータカードは多数のチャンネルのPCIeインターフェースを利用するので、PCIeクロックジェネレータやクロックバッファが必要となります。 ルネサスはAIアクセラレーション向けに主要な電源ソリューションとクロッキングソリューションを提供します。 高効率な電源用ICはPCBスペースを節約し、消費電力がkWレベルの熱放射を軽減します。 高性能プログラマブル VersaClock® 6EクロックジェネレータはPCIe Gen1~5拡散スペクトラムオフ(オン)、RMS位相ジッタ0.5ps未満及び4つのユニバーサル出力ペア(LVPECL、LVDS、HCSL、または8 LVCMOS出力)をサポートします。 9QXL2001では20出力DB2000QL PCIeクロックバッファとなります。

このシステムのメリット:

  • コアおよび周辺機能向けの高性能電源接続
  • ASICまたはFPGAプラットフォーム向けのカスタマイズ可能なクロックツリーデザイン

ターゲット・アプリケーション:

  • アクセラレータ(GPU、ASIC、人工知能)
  • マイクロプロセッサコア、グラフィック、メモリ向けの電圧レギュレータ(VR)
  • サーバ、ネットワーク、クラウド向けの高密度電圧レギュレータ(VR)

 

画像
Power Timing System for AI Accelerator Card System Diagram