2014年7月9日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役会長兼CEO:作田 久男、以下 当社)は、設計・開発体制の強化を目的として、当社および当社100%の子会社である、株式会社ルネサスソリューションズ(代表取締役社長:須田 眞二、以下 RSO)、ルネサス システムデザイン株式会社(代表取締役社長:長谷川淳、以下 RSD)、ルネサス エンジニアリングサービス株式会社(代表取締役社長:有馬 秀明、以下 REG)の設計・開発に係わる機能を平成26年8月1日付で下記の通り再編いたします。

 

 

 

 当社は、平成25年8月2日「当社グループが目指す方向性について」および同年10月30日「ルネサスを変革する」にてお知らせした通り、安全・安心な社会に貢献する企業をめざし、成長に向けた変革プランを策定し推進しています。

 当社は、変革プランの「1.マーケットイン志向へ事業ドメインを変更」、「2.収益志向の組織・仕組みへ変革」、「3.グローバルな経営・組織体制へ変革」の3つの骨子に従い、中長期的に伸びる分野・地域、勝ち抜ける領域を特定し、当社が強みを持ち、競争力が発揮できる分野に注力すると共に、過去に起こったようなリスク(自然災害や市況の停滞など)が顕在化した場合でも、確実に利益を創出できる強固な体質に向けて必要な構造改革を進めています。

 必要な構造改革の一環として、当社は、これまでのプロダクト軸からお客様視点であるアプリケーション軸への事業ドメインの変更や、生産構造改革やオペレーションの変革の一環として国内生産拠点の再編や製造関連の国内グループ会社を対象に、半導体前工程製造および後工程製造それぞれにおける製造事業などの統合や製造関連グループ企業の再編を完遂しております。

 そしてこのたび、変革プランの実現を確実にする施策として、当社が注力するドメインの市場ニーズに適した、デバイスソリューションやマイコンやアナログ、パワー半導体を組み合わせによるキット・ソリューション、さらには製品の複雑化、高機能化に伴い、パートナー企業の協力によるエコシステムにおけるソフトウェア等のメニューも含めたプラットフォーム・ソリューションの提供力を強化する体制を整備いたします。

 

 当社の設計・開発部門および設計・開発・応用技術の国内グループ会社3社の機能を再定義し、それに伴う組織再編を本年8月1日付で行います。

 具体的には、デバイス開発やデバイス応用技術などのデバイスソリューション開発(主にハードウエア)に必要な機能をRSDに集結し、開発効率の追求を行います。そして、キットおよびプラットフォーム・ソリューションの開発(主にソフトウエア)や事業推進機能を当社に集結し、今後拡大する市場への提案力強化を図ります。更に、REGの機能を開発・技術支援に特化させることで、一層の業務効率化を目指します。なお、RSOにつきましては、その設計機能部分を当社およびRSDへ移管します。なお、本件再編後のRSOの運営につきましては、現時点で未定です。

 

再編前および設計・開発・応用技術会社

 

① RSOのキット、プラットフォーム開発および分野ソリューション、拡販インフラ機能を当社に移管

② 当社のデバイス開発およびデバイスソリューション機能をRSDに移管

③ RSOのデバイス開発およびデバイスソリューション機能をRSDに移管

④ 当社の開発支援業務機能をREGに移管

 

再編後(平成26年8月1日以降)

 

*本件再編後のRSOの運営につきましては、現時点で未定です。

 

 本設計・開発機能の再編は当社グループ内での施策であり、当社業績に与える影響は軽微です。

 当社は成長し社会に貢献する企業への変革に向けて、今回の再編を機に、より一層の開発体制の強化を図り、市場やお客様のニーズに最適なソリューションを提案してまいります。

 

以 上


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。