RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ

無償版から製品版への切り替え

コンパイラを製品版としてお使いいただくには、e² studioまたはCS+のインストール時またはインストール済の状態で、購入したコンパイラパッケージのライセンスキーを入力してください。対象のマイコンの機能制限が解除され、製品版として使用できるようになります。操作詳細はマニュアルをご参照ください。

ライセンス 操作詳細 (マニュアル)
ノードロック ライセンス・マネージャ V2.04.00 ユーザーズ・マニュアル Rev.1.00 (PDF | English, 日本語)
フローティング ライセンス・マネージャ V2.04.00 ユーザーズ・マニュアル Rev.1.00 (PDF | English, 日本語)
フローティング・ライセンス・サーバ V2.04.00 ユーザーズ・マニュアル Rev.1.00 (PDF | English, 日本語)

コンパイラのバージョンアップについて

コンパイラライセンスはバージョンごとに異なります。例えば、V2.**.**とV3.**.**はバージョンが異なりますので別ライセンスになります。

コンパイラのバージョンアップは有償となり、ライセンスキーも別になります。旧バージョンのライセンスキーをお持ちでも、新バージョンのライセンスキーをお持ちでない場合は、バージョンアップすると、新バージョンは無償評価版としてのご利用になります。旧バージョンは引き続き製品版としてお使いいただけます。

コンパイラのアップデート方法

常に最新版でお使いいただくようアップデートをお願いします。アップデート方法詳細はツールニュースをご覧ください。

アップデート情報 (ツールニュース) >>

e² studioをご使用の場合
最新コンパイラのインストーラをダウンロードしてインストールしてください。 最新インストーラ >>
CS+をご使用の場合
アップデートマネージャを起動してアップデートしてください。

なお、アップデートの有償/無償は以下のとおりです。

  • リビジョンのアップデート: 無償 [例] V3.01.00からV3.02.00
  • バージョンのアップデート: 有償 [例] V2.08.00からV3.01.00 (製品版)

対応デバイスの更新方法

e² studioをご使用の場合
最新版のe² studioをご使用ください。
CS+をご使用の場合
アップデートマネージャを起動してデバイス依存情報(DevInfo_RX)をアップデートしてください。