画像
Takuya Takizawa
滝澤 卓也
主管技師

概要

自動運転を支えるクルマの認識センサは技術の開発は今後ますます発展していきます。カメラやRADARなど空間を認識するセンサは、今後従来技術の延長線上にない最新技術が相次いで出てくることが予想されます。私たちは今まで培ってきたカメラセンサーを中心とした自動運転の開発環境にRADARを加え、複数のセンサを組み合わせた次世代のセンサーフュージョンの開発に取り組んでいきます。

背景

車載用の運転支援や自動運転分野において、カメラとRADARの組み合わせによるLevel-2や2+の運転支援システム実現は標準になりつつあります。100年に一度と言われる自動車システムやビジネスモデルの変革期の中で、私たちはシステムソリューションへのシフトを志向しています。自動運転の分野においてルネサスは、カメラと車載RADAR向けのMMICなどによる複数のセンシング技術を組み合わせた未来の自動運転技術を追求していきます。

車載RADAR分野では今後さらなる精度向上や、高い角度分解能によって鮮明な画像が得られるイメージングRADARのような要求に拍車がかかるでしょう。私たちは常に最先端の技術を追求し、より安全な自動運転の社会を目指していきます。

画像
Fig1 Radar

具体例

  • 高精度なイメージングRADAR処理をルネサスの車載向けMMICおよびSoCで実現させます。未来の自動運転に向けたRadarアルゴリズムの改良を行い、そのアルゴリズムを効率よく処理できるようなデバイスの提案をします。
  • イメージングRADARシステムをベースとし、今まで培ってきたデバイス開発技術を生かしてさまざまなユースケース (Front LRR, Corner, Side, Rear..)で、精度が高く低コストなソリューションを提案します。
  • カメラ入力の画像分析結果とRADARによるターゲット検知情報を組み合わせ、機械学習による精度の高い認識技術を提案します。
  • お客様が高精度の自動安全技術をより早く市場にお届けできるよう使いやすい開発環境・検証環境を提供します。
画像
Fig2 Graph

まとめ

今後も大きな技術革新が予想される自動運転の分野において、ドライバの目の代わりとなるセンシング技術は欠かせないものです。私たちはハードウェア・ソフトウェア・ツール含め、この技術革新に不可欠なセンシング技術の発展に取り組んでいきます。

関連採用ページ

RADARソリューション開発
 

Log in or register to post comments

Comments