画像
Ren Imaoka
今岡 連
部長

<概要>
私たちインフラストラクチャーチームは、開発者が必要とする開発環境、CI/CD (継続的インテグレーション・継続的デリバリー)やツールの提供だけでなく、顧客・マーケティング部門・品質保証/品質管理部門と一体となって効率的なソフト開発のバリューチェーンを実現するインフラ開発を行っています。

<背景>
ルネサスの車載ソフトウェア開発部門では、より高度に、かつ複雑となるE/Eアーキテクチャの中核となるソフトウェアをグローバルチームで開発しています。それらを実現するためには、最新の車載制御技術、最先端のシステムデザイン、細部にわたるシステムの検証・評価だけでなく、顧客へのタイムリーなソフトウェアの配信、グローバルチームを支える最新の開発インフラの提供が求められます。 ソフトウェアは今後ますますクルマの性能を差別化する要素となり、私たちのパートナーであるOEMやTier1からは、ルネサスが最先端の車載半導体ソリューションプロバイダとなるだけではなく、高度かつ複雑な制御を実現し、ハードウェア性能を最大限に引き出す中核ソフトウェアの開発パートナーとして期待されています。よって、私たちは、最新の要素技術開発だけでなく、アジャイル開発手法やその基盤となるインフラストラクチャーへの継続投資を行っています。

画像
Teamwork driving creativity

<具体例>
インフラストラクチャーチームでは、開発者だけでなく、顧客のために以下のような活動を行っています。

  • 開発環境、インフラ・サイトの可用性・スケーラビリティ・信頼性、ツール、トレーニング・サポートに対する戦略の定義と実現
  • 車載ソフトウェアの継続的インテグレーション・継続的デリバリー(CI/CD)の実現 (要求仕様~コード開発~テスト~デリバリー)
  • 顧客(OEM/Tier1)や私たち開発者の日々の業務をより豊かに、快適にするための開発インフラの提供
画像
DevOps: Making complex solutions easy

私たちは車載半導体のリーディングカンパニーとして、過去に培った強み(車載品質をベースにした車載制御、車載ネットワーク、ADAS、Cockpitの技術実績)を生かしながらも、
新たな価値提供を目指して世界中のOEM/Tier1様へ積極的にソリューション提案を実施しています。ルネサスが100年に一度のモビリティ変革の中心にいると信じ、お客様に自分たちのアイデアを提案できることにとてもやりがいを感じています。

<まとめ>
自らの変革を促進するルネサス・グローバルの一員となり、私たちの顧客や開発者の日々の暮らしや社会をより豊かに快適にするために、インフラストラクチャーチームは、以下の使命を担っています。
•    自ら新しいアイディアを提案し、実現する強い意志とリーダーシップを持ちながら、かつ顧客や開発者へ快適なインフラを提供する
•    複数拠点にまたがるグローバルチームと連携して、複雑な問題を解決するために複数の技術や製品の調査・導入に取り組む
•    社内外のグローバル・パートナー(開発部門、IT部門、 SIer、Saasプロバイダ)とともに、最新ソフトウェア技術や製品の評価・導入を行う
•    新しい技術を学び続け、チームでお互いに学び、知識や経験を共有し、個人としてもチームとしても一緒に成長できる環境を提供する

<関連採用ページ>
Infrastructure

Log in or register to post comments